1. トップ
  2. 講座一覧
  3. 講座詳細

総合講座

 

<終了>【お申込人気】古文書から読み解く明治維新と多摩

  • 対面式
  • 歴史
  • 総合講座

講座番号:12012

水曜日 15:20~16:50

場所
多摩Map
定員
25名

お申込受付終了

[春期/全3回]
5/25、6/22、7/20
受講料:9,340
申込締切日:2022/05/22

講義概要

本講座では、明治維新とよばれる時期を、多摩地域に伝わった古文書を読解することで考えてみたいと思います。明治維新というと、現在につらなる日本社会をつくりだした起源であり、ペリー来航、王政復古、戊辰戦争、廃藩置県といった出来事や徳川慶喜、大久保利通、西郷隆盛、木戸孝允らの人物が想起されがちです。一方で、この時期を地域の立場から検討すると、一般的なイメージとは異なる世界が見えてきます。本講座では、3回にわたって多摩地域から明治維新像を捉え直してみます。

対象 歴史や多摩地域に関心がある方であれば誰でも可

日付 タイトル
春1回目 2022/05/25 動乱の時代の幕開けと多摩
春2回目 2022/06/22 多摩の志士たち
春3回目 2022/07/20 戊辰戦争と多摩

日程

水曜日15:20~16:50

  • 春期全3回 :5/25、6/22、7/20
テキスト レジュメを配布します。
持ち物 レジュメを配布します。
用意する物 レジュメを配布します。
宮間 純一

講師

中央大学文学部教授

宮間 純一(みやま じゅんいち)

千葉県出身。1982年生まれ。博士(史学)。2012年中央大学大学院文学研究科博士後期課程修了。宮内庁宮内公文書館研究職、国文学研究資料館准教授、中央大学文学部准教授を経て2022年度より現職。主な研究テーマは、明治維新史、記録管理史。著書に、『国葬の成立―明治国家と「功臣」の死』(勉誠出版、2015年)、『戊辰内乱期の社会―佐幕と勤王のあいだ―』(思文閣出版、2015年)、『天皇陵と近代―地域の中の大友皇子伝説―』(平凡社、2018年)など。

閉じる