1. トップ
  2. 講座一覧
  3. 講座詳細

総合講座

 

<大人気>日本語から探る日本的思考―なぜ私たち日本人はそう考えてしまうのか―

  • 対面式
  • 文化
  • 総合講座

講座番号:10021

水曜日 11:00~12:30

場所
多摩Map
定員
25名

お申込受付中

[春期/全2回【受付終了しました】]
5/18、6/15
受講料:6,870
申込締切日:2022/05/16
[秋期/全2回【申込受付中】]
10/5、11/16
受講料:6,870
申込締切日:2022/09/28

講義概要

 日本語は「ひらがな」「カタカナ」「漢字」「ローマ字」と字母を4つも持ったおもしろい言語です。縦書きも横書きもできれば、左から書いても右から書いてもいい。どうしてこんなことになったのでしょう。
 日本語は「膠着語」(こうちゃくご)という型に分類されますが、4世紀ごろ、まったく違った性質を持つシナ・チベット語族の中国語を表記法に取り入れました。そこから、世界の他の言語には見られない不思議な運命をたどることになってまいります。
 今回は、このプロセスをさまざまな方面からご一緒にたどり、まずは、「言語学」「文学」「哲学」にも、さらには和歌や俳句や小説の実作にも欠かせない日本的な考え方の大前提をとらえることにいたしましょう。

対象

日付 タイトル
春1回目 2022/05/18 日本語の不思議:助数詞からオノマトペまで
春2回目 2022/06/15 日本人は最初から「以心伝心」を選び取った
秋1回目 2022/10/05 日本語は二重言語である
秋2回目 2022/11/16 日本語はなぜ感性的にすぐれ、知性的に未熟なのか

日程

水曜日11:00~12:30

  • 春期全2回【受付終了しました】 :5/18、6/15
  • 秋期全2回【申込受付中】 :10/5、11/16
テキスト レジュメを使用します。
加賀野井 秀一

講師

中央大学名誉教授

加賀野井 秀一(かがのい しゅういち)

高知市生まれ。中央大学大学院仏文学研究科、パリ大学大学院で学ぶ。中央大学理工学部名誉教授。専攻はフランス現代思想、哲学、言語学、メディア論、日本語学。著書に『メルロ=ポンティ』(白水社)、『20 世紀言語学入門』(講談社)、『日本語は進化する』(NHK ブックス)など。

閉じる