学生支援新着ニュース

2021年12月21日

長期休業期間中の注意事項

新型コロナウイルス感染症対策のお願い
行動制限が徐々に緩和されてきましたが、三密の回避や食事中のマスクを外しての会話、
対面で大声を出すなどの感染リスクが高い行動は引き続き控えるようお願いします。

様々なトラブルに要注意!
長期休業期間中は、自由に活動できる時間が増えますが、その分トラブルに巻き込まれる危険も増えます。
トラブルに巻き込まれないためにも、以下の点に特にご注意ください。

1.違法薬物・違法ドラッグは絶対に使用しない ~たった1回でも人生が狂います~
大学生の間での違法薬物の乱用、特に集団生活内で大麻を使用している報告が増えています。
違法薬物および違法ドラッグ(脱法ハーブなど)の所持および販売・使用は、絶対にしてはいけません。
1回の使用でも『薬物乱用』とみなされます。大丈夫という軽い気持ちが薬物中毒の始まりとなります。
決して手をだしてはいけません。

2.投資に関する詐欺話、SNSを使った悪徳商法には要注意~本当に「儲かる」なら他人には教えません~
大学の友人やサークルのメンバー、小・中・高の友人・知人から「簡単に儲かる」「スキマ時間に稼げるよ」といった誘いを受け、投資を始めたがうまくいかずに借金だけが残る…というトラブルが発生しています。
もし、投資に関する誘いを受けたとしても断りましょう。SNS(Twitter,Instagram,LINE等)上での誘いには返事をしないでください。簡単に「儲かる」おいしい話があるのなら、世界中に億万長者があふれているはずですが、実際にはそうではないはずです。得体のしれない勧誘に乗ると、あなたの学生生活だけでなく人生も狂います。

3.SNSへ不用意な書き込みはしない ~思いもよらぬトラブルに発展します~
SNS(TwitterやInstagram、LINE等)やYouTubeなどへの安易な情報発信は、
個人情報の漏洩トラブル等の様々な危険性があります。
サークルやゼミで盛り上がっている動画等をWeb上にアップしたことで
他人の人生を狂わせてしまうかもしれません。SNSにアップする前には
よく考え行動するように心がけてください。

4.イッキ飲み、飲酒の強要、未成年飲酒はしない~飲ませる側の責任は重大です~
行動制限が緩和され、お酒を飲む機会が増えてきたかもしれませんが、感染対策と同時にお酒の飲み方も要注意です。イッキ飲みは決して行わないでください。自ら進んでイッキ飲みすることもやめてください。命に関わります。また、未成年が飲酒をすること、飲ませることも法律違反です。飲酒を強要したり、はやしたてるだけでも、刑事・民事責任を問われることがあります。周囲の人の止める行動がとても大切です。

【問い合わせ窓口】
※年末年始期間は窓口を閉室し、電話・問い合わせフォームの対応も休止しております。
お問い合わせへの回答が遅くなりますことをご了承ください。

◇法・経済・商・文・総合政策・国際経営学部生 学生部事務室学生生活課
https://www.chuo-u.ac.jp/inquiry/form/?id=46

◇理工学部生 学生部事務室都心学生生活課
https://www.chuo-u.ac.jp/inquiry/form/?id=44

◇国際情報学部生 学生部事務室都心学生生活課(市ヶ谷田町担当)
https://www.chuo-u.ac.jp/inquiry/form/?id=138