保健センター新着ニュース

2018年04月17日

麻しん(はしか)に注意しましょう

2018年3月、沖縄県内で台湾からの旅行客が麻しんと診断されるという事例がありました。以降、この患者と接触のあった二次感染例を中心として、沖縄県内で麻しん患者の発生が現在も続いており、今後も流行が懸念されています。
大型連休に旅行を計画されている方は十分に注意してください。

麻しんはきわめて感染力が強く、マスクなどでは十分な予防が困難です。また、重症化すると肺炎や脳炎などをきたし、重篤な後遺症を残すこともあります。
麻しんについてよく理解し、感染を防止し、広げないように十分な注意をしましょう。