Faculty of Global Management 国際経営学部 国際経営学科 多摩キャンパス 2019年4月開設

Be Ahead
of the World.

世界を動かす人になろう。

当たり前のようにモノ、情報、文化が流通し、無意識のうちに世界はあなたの「隣り」にいます。
そこには世界をつないでいる人や企業・組織の活動が必ず存在します。
世界を知らずして、経済活動ができる時代は終わりました。国際経営学部が目指すのは、
国際的な視野を持ち、言語のハンデのない、グローバル・レベルの活躍ができる人材を育成すること。
海外に出て国際企業を動かす仕事をするのも良し、
日本のビジネスの担い手として世界に向けて存在感をアピールするのも良し。
経営学という名の「実学」を身に付けたあなたの未来は、無限の可能性に満ちています。
そして自国の利害を優先するのではなく、違いを理解し尊重する
柔軟な交渉力・タフネスを備える実践的手法と人間力も同時に鍛えていく4年間。
「国と国のビジネス」ではなく、「国を超えた地球規模のビジネス」へ。

2019年4月、国際経営学部、始動。

国際経営学部についてAbout

国際経営学部について About

英語で経営学を学ぶことが、
世界ビジネスへの近道である、
という発想。

中央大学が、昔も今も大切にしているのは「実学」の2文字。
学んだことを頭の中だけで終わらせるのではなく、それを社会の中で活かして、世界に貢献する人材を育成する―
経営学は、まさにその「実学」を実践できる学問の1つです。
国際経営学部は、教室で学ぶだけでなく、短期留学やインターンシップを通して、学生時代から国際ビジネスの息づかいを肌で感じるチャンスにあふれています。
4年間で「実学」の意義を世界規模で体験できる、全く新しい発想の学部なのです。

  • Future to Aim for

    どんな未来
    向かうのか

    Future to Aim for どんな未来へ向かうのか
    皆が共生・共存する
    新しいグローバル社会。
    それを実現するための
    経営理論と戦略を考える。
  • Skills to Achieve Goals

    どんな力
    手に入れるのか

    Skills to Achieve Goals どんな力を手に入れる
    さまざまな「知」と価値観が
    広がる国際社会。それらをまとめて、
    次世代ビジネスの大きな「力」に。
  • To Be the Next Global Leader

    どんな人間
    目指すのか

    To Be the Next Global Leader どんな人間を目指すのか
    この学部の卒業生は、狭いところに
    留まってなんかはいられない。
    「実学」を世界で、日本で実践して、
    新たなグローバルリーダーへと
    活躍の場を広げていく。

学びの特色Features of learning

  • 学びの特色Features of learning
  • 学びの特色Features of learning
  • 学びの特色Features of learning
ここにしかない学びが、国際社会を生きぬく力に
なぜ、経営学を英語で学ぶの?

世界のビジネスは英語で行われています。最先端の経営学も英語で研究されています。日本語にこだわっていると思考が日本的になり、日本語に翻訳して学んでいるうちに、世界の潮流からはどんどん取り残されていってしまいます。国際経営学部は、学生の皆さんに国際社会の生きた姿に触れ、臨場感あふれる経営学を学んで欲しいので、日本語をわざわざ介する必要を感じないのです。英語で専門科目を学ぶことが、グローバル人材となる一番簡単で最も早い近道。だから70%以上の授業は外国語で学ぶのです。

英語に自信がつくまで… 

基礎となる専門必修科目では、英語による授業でも、専門知識を理解できるようにフォローアップ授業を実施。レポート作成や討論ができるように指導します。

英語に自信が出てきたら…

ビジネスにおけるコミュニケーションや交渉・協議でも生かせる高度な語学運用力を磨きます。英語だけではなく、中国語やスペイン語の習得も可能です。

より専門性の高い「知」の実践へ。

英語で経営学を考え、自分の考えを表現することが当たり前になるのも、入学してからそう遠くない未来にあります。国際経営学部では、基礎的な学問群とそれらを応用した最先端の学問領域を広くカバーする独自のカリキュラムを展開。自分の学びたいことがより具体的に、専門的になるよう一流の教授陣が熱血指導します。

「国際経営」に必要な専門知識を習得

グローバルマーケットにおける企業や組織の活動メカニズムへの理解と、リーダーシップを発揮できる深い専門性を身に付ける専門科目群を設置。

魅力的な国や地域が見つかったら…

国際経営の現場で機能する「実践的知識」を身に付けるため、各地域の歴史、政治、経済、文化や消費者動向まで、徹底的に掘り下げて研究を進めます。

海外に渡り、日本の小ささを知る。

海外には何となく憧れる、旅行なら行ったことがある―そんな人も、本学部に入ってすぐ短期留学プログラムで海外で学ぶ喜びと刺激に触れ、2・3年次になってから海外インターンシップや企業訪問、フィールド・スタディを通して日本という国を外から見ることができます。国際的な場で働く自分が具体的にイメージできなかった人も、これらの体験を通して自らの課題もたくさん発見できるはず。国際経営学部では、世界規模での「新たな気づき」も得られます。

まずは自分の殻を破りたい…

1年次に3~4週間の海外短期留学を行い、英語での講義、ディスカッション、企業訪問などを経験します。(派遣先:北米、アジア等)

世界の大きさに目覚めたら…

海外インターンシップ、フィールド・スタディなど経験値を上げ異文化理解を深めるための科目も多数設置。2年次からはゼミで研究を開始するとともに自律性を養います。

カリキュラム一覧を見るカリキュラム一覧を見るカリキュラム一覧を見る

国際経営学部での学修とステップ4 years of study

経営学の専門知識とグローバルなコミュニケーションスキルを同時に身につけていく、4年間の体系的なカリキュラムによって、
海外やグローバル企業で働くビジネスパーソンやグローバルビジネスリーダーとなる資質、実践力を鍛えます。

国際経営学部での学修とステップ 4 years of study