洋弓部ニュース

2015年05月12日

洋弓部 関東学生アーチェリー女子リーグ戦 5位決定戦対慶大

東洋大レンジ 慶大に敗れ王座出場を逃すも、堂々の一部3位!

 一部リーグBブロックを3位で終え、今日の5位決定戦に勝てば王座出場という大一番だったが、一部リーグAブロック3位の慶大に100点差以上を付けられ完敗し、王座出場を逃した。だが、3年ぶりの一部リーグ戦で3位と結果を残し、また下級生も台頭するなど、来年度に向け好材料を得られるリーグ戦となった。

▲下級生主体の若いチームを引っ張った鈴木主将

 5位決定戦の相手は慶大。今年のリーグ戦では、2400点代後半を何度もたたき出す格上だった。その影響もあったのか「慶大は格上すぎるので、逆に相手を意識せずに臨めた」(澤田監督)。先週の明大戦のように固くなることはなく、得点が相手になかなか追いつけないなかでもチームの雰囲気は悪くはならず、のびのびと金的を狙う。だが、今年のリーグ戦の課題でもあった調子の波は今日もなかなか安定せず、高得点を出せない。50m競射では270点以上が一人も出ないまま、後半の30m競射へ。中大が苦手な30m競射ではあるが、序盤から55点代後半(通称・赤字)を出すなど、好調な滑り出しを見せる。しかし序盤に付けられた点差は大きく、出場選手8人のうち6人が300点代を出すものの、そのまま逃げ切られてしまう。結果は、中大の2318点に対して慶大が2442点をたたき出し完敗。「悔しかった。反省点や改善点があるのに、それを活かせないのが悔しい」と試合後に語った鈴木杏奈主将(商4)。試合後、試合会場では涙を流す選手たちの姿があった。  これで4年生7人が引退となる。主将としてチームを引っ張った鈴木主将や、常に安定したプレーで高得点を出した植原杏南(理工4)らが、来年度は不在になる。澤田監督は「上級生たちがチーム作りを頑張ってくれた」と褒めたたえた。5年ぶりの王座出場とはならなかったものの、そのチーム作りの効果で、チームは3年ぶりの一部リーグ戦で3位、一部リーグ全体でも6位に入る大健闘を見せた。そこに、開幕前はあまりの点数の低さに、入替戦を意識していたというチームの姿はなかった。また今日の試合では、これまでスランプに悩み、今リーグ戦の出場がなかった神田理瑳(理工4)が試合に出場し、澤田監督も「最後まで頑張っていて感動的だった」と賛辞を送るなど、現役最後のリーグ戦となった4年生にとっても忘れられない試合となった。

▲安定したプレーでチームを支えた植原

 今年は出場選手の半分以上が2年生の試合になることも多く、鈴木主将も「今リーグ戦は後輩に気負わせてしまい、情けない」と、上級生がなかなか波に乗れない中、それまでリーグ戦未経験の後輩たちにチームの勢い付けを任せてしまったことを最後まで悔やんだ。来年度はこの2年生が上級生としてチームを牽引する立場となる。澤田監督は「これからチーム作りを頑張れば王座は狙える」と、まずは新たなチーム作りに取り組むとしている。そして最後に、4年生は後輩たちへ夢を託した。「自分たちが行けなかった王座に出てほしい」(鈴木主将)。来年度は6年ぶりの「夢」の実現の年となるか。新たな1年が始まった。

◆試合結果 ●中大2318ー2442慶大◯

◆大会結果(一部リーグBブロック) ①早大②明大❸中大

◆リーグ戦総順位 ①日体大②早大③明学大❻中大