洋弓部ニュース

2015年04月13日

洋弓部・関東学生アーチェリー女子リーグ戦対一橋大

4月12日 慶大レンジ

昨年の雪辱晴らした! 連勝で2勝1敗に

 昨年のリーグ戦で敗れた一橋大との対戦。50m競射で点差を付けそのまま逃げ切り、連勝した。これで通算成績を2勝1敗とし一部リーグ残留をほぼ決定的にした。  得意の50m競射で、序盤で点差を付けた中大。「(部内記録に迫る勢いを見せた)先週よりもいいくらい入り方が良かった」(澤田監督)と好調な滑り出しを見せ。結果的に50m競射で5人も270点以上を記録したが、30m競射にその流れをつなげない。中盤になかなか得点が伸びない中大とは対照的に、一橋大は55点以上を連発し、徐々に点数を縮められていく。だが何とか逃げ切り、56点差で勝利。2勝1敗でリーグ戦中盤を折り返した。  1部残留を決定的にしたが、30m競射でなかなか得点が伸び悩むのが課題だ。「なぜか波にのれない」(鈴木杏奈主将・商4)と苦手にしている。この課題を克服しなければ、王座出場は見えてこない。次戦の相手は同じく2勝1敗の青学大。それでも澤田監督は「青学大との点差はない。先週並の点数を出せば勝てる」と自信を覗かせる。悲願の王座出場へ重要な一戦に臨む。

◆試合結果 ◯中大2381-2325一橋大●

30m距離賞 新井菜々(経2)=324点