洋弓部ニュース

2015年04月06日

洋弓部 関東学生アーチェリー男子リーグ戦対早大

4月5日 東洋大レンジ

強豪早大との雨中試合を落とし、連敗

 冷たい雨が降る中行われた今日の試合は、昨年度王座に出場した早大に敗北。連敗となった。  前回は途中から応援が少なくなったという反省を受け、「盛り上がりを続けること」(渡邊宏孝主将・商4)を意識して臨んだ早大戦。その言葉通り、出場しない選手が懸命に応援し、チームを鼓舞し続けた。しかし、50m競射では40点代に届かない得点が出るなど、全体的に低得点に終わり、昨年度1部2位の早大に大きくリードされてしまう。続く30m競射で逆転したいところだったが、「中盤に(得点の)波があった」(澤田監督)とうまく流れをつかめない。最後まで点差を埋めることができず、100点近くの差を付けられ完敗。初白星を逃した。

 ただ「前回の反省を踏まえ、応援から(試合に)入っていけた」(澤田監督)と、雨が降りしきる中で行われた今試合で応援が途切れなかったことを評価。体力面で自信を得た。また、関燎佑(商2)をはじめとした2年生の出場者が総得点で600点超えするなど、エースの田中克英(経4)や九嶋成侑(法4・写真上)に続く次世代エースも出てきた。次戦の相手は、昨年度1部リーグ戦で5戦全勝した強豪専大だ。しかし「点数的には勝てると思うので、試合で結果を発揮できるかどうか」(渡邊主将)と、チームの調子は悪くないと分析。1部残留に向け、もう負けは許されない。

◆大会結果
●中大3774-3869早大◯
30m距離賞=田中 344点