洋弓部ニュース

2014年09月15日

9/14 全日本学生アーチェリー個人選手権 RP男子

緑地公園 陸上競技場
ベスト4の壁厚し、ベスト8止まり

1回戦に臨む田中克英(経3)

 中大から唯一決勝ラウンドに出場した田中克英(経3)。目標であったベスト8入りを果たした。
 試合開始当初から強い風が吹くなか、試合は開始した。「調子は悪くはなかった」(田中)と言うように、1回戦は田口(崇大)に6-0と完勝し2回戦へ進む。2回戦は川本(長国大)と接戦になり、全射を終えて5-5と同点に。決着はシュートオフで田中が勝利し、準々決勝へ進出。東日本インカレ後に言っていた目標のベスト8入りを決めた。
 向かえた準々決勝。「中盤でこけた」と得点を稼げず三浦(日体大)との点差を広げられてしまう。後半は持ち直したものの、点差を縮めることはできず4-6で敗れる。準決勝進出を逃しベスト4入りを逃してしまった。
 「もっと上(の順位)にいきたかった」と悔しさを滲ませた田中。この経験を活かして、「10月に行われるインカレフィールドに切り替えていく」と力強く語った。

     ◆試合結果
田中=ベスト8


記事:写真=「中大スポーツ」新聞部