洋弓部ニュース

2014年04月06日

洋弓部 関東学生アーチェリー男子リーグ戦 対立教大戦

4月6日 成蹊大学アーチェリー射場
立教大との接戦を制し、開幕2連勝!

 激しい雷雨のため、試合が一時中断するほどの悪天候の中で行われた今試合。立大との接戦を制し、開幕から連勝した。
 序盤、エース田中克英(経3)の活躍で点差を広げる。しかし、途中で雷雨のため試合は中断。試合再開も危ぶまれたが「中断している中も試合がある意識をしていた」(清水己志郎主将・経4)。気持ちを切らすこと試合再開を待ち、その後も落ち着いて得点を重ねていった。しかし後半、エースの田中がなかなか得点を伸ばせず徐々に点差を縮められる。だが、「一射もミスしないことを意識していた」という九嶋成侑(法3)の活躍もあり粘りを見せる。結果的に相手が終盤に崩れ接戦を制した。澤田監督が「今日の勝利は本当に大きい」と言うように、今日の勝利は来週の慶大戦に向け大きな弾みとなった。慶大は昨年王座に出場した強豪。しかし、「中大のいつもの力を出せば勝てる」(九嶋)と自信を持つ。来週の慶大戦の勝敗が、中大の王座出場を左右する試合になるのは間違いない。

◆大会結果
○中大3758-3743立大●
50m距離賞=田中 326点
トータル距離賞=田中 667点


記事:「中大スポーツ」新聞部