洋弓部ニュース

2014年04月02日

洋弓部 関東学生アーチェリー男子リーグ戦 対東海大戦

3月30日 一橋大学小平国際キャンパスアーチェリーレンジ
初戦白星 好スタート切る
 雨の中、行われた今試合。相手は一昨年、昨年とリーグ戦で負け続けている東海大だったが、清水己志郎主将(4)「初戦ということもあり、何としても勝ちたかった」と悪天候の中、気持ちで押し切り勝利を収めた。
 松原大知(4)は「一昨年、昨年と負け続けているプレッシャーとリーグ初戦のプレッシャーの二重のプレッシャーを感じてしまった」と全体として序盤なかなか点数が伸びなかった。しかし、徐々に力みも取れていき中大ペースに持ち込んだ。そして結果としては、雨の影響もあり3759点と好スコアではないが初戦を白星で飾った。30、50m、トータル距離賞を獲得した田中克英(経3)は「個人としては60点の出来」と辛口に評価したが、チームとしては「序盤調子が悪かったのを引きずらないで勝てたのでよかった」とコメントを残した。
 次戦は学生チャンピオンを輩出している強豪・立大。清水主将は「立大と同様に中大にも田中というエースがいる点で同じ。エースが一人いてその周りがどれだけ頑張れるかが鍵となる」と意気込みを語った。

◆大会結果
○中大3759-3666東海大●
30m距離賞=田中 345点
50m距離賞=田中 319点
トータル距離賞=田中 664点


記事:中大スポーツ新聞部