ホッケー部ニュース

2015年04月17日

ホッケー部 関東大学春季リーグ 対一橋大戦

4月12日 早大東伏見グラウンド

春リーグ初戦!

 春リーグ開幕戦は一橋大と対戦した。齋藤悠仁主将(商3)が率いる新体制で試合に挑んだ。  前半から相手の積極的な攻撃を必死で守る。しかし前半8分で相手に得点を許してしまう。その後も相手の猛攻は続くが、中大の堅いディフェンスが簡単には得点を許さなかった。前半終盤は中大も攻撃を仕掛けるも、サークル内へボールを運べずゴールへ繋がらなかった。

 「気持ちを切り替えていこう」(齋藤主将)と挑んだ後半。一橋大がボールを持つ時間は多かったが、ゴール近くへボールを運ばせない粘りのプレーが続く。後半7分、一橋大のペナルティーコーナー(PC)となるもゴールへボールは入れさせない。しかし、後半14分に一橋大が2点目を決めた。そのまま相手の攻撃リズムが崩れず、後半21分にさらに追加点を許してしまう。その後22分、26分と連続して相手がPCを獲得したが、得点を入れさせなかった。残り約1分で、中大はPCを獲得し、この試合最大の好機が訪れる。しかし、得点をあげられず0-3で中大は初戦を落とした。

 惜しくも無得点ではあったが、粘りのあるディフェンス力をアピールした試合であった。

次戦は4月19日対武蔵大戦、早大東伏見グラウンドで13:00から試合開始です!

◆試合結果中大0-3一橋大○  (0-1、0-2)