バレーボール部(男子部)ニュース

2017年12月04日

バレーボール部・全日本バレーボール大学男子選手権大会準々決勝対学芸大

12月1日 大田区総合体育館

学芸大に完勝! 次戦は難敵筑波大

 

スタメン(サーブローテーション順)

1WS 石川祐希(法4)

3MB 平田亮介(経4)

2OP 大竹壱青(商4)

4WS 武智洸史主将(法4)

18MB 水野将司(法2)

5S 山下紘右(商4)

9Li 柳田貴洋(法3)

27Li 土岐大陽(経1)

 

 順調に準々決勝まで勝ち進んだ中大。べスト4を懸けて学芸大と対戦した。今季対学芸大3戦3勝と相性のいい中大は相手を寄せ付けない強さで3-0で学芸大を撃破。対策がハマりストレートで勝利し、盤石な戦いを見せた中大が筑波大の待つ準決勝へ駒を進めた。

 

 序盤から学芸大対策がハマりにハマった。「小野が前衛の時はサーブをしっかり攻めて二段トスをブロックで仕留めようと」(平田)。相手のレセプションを崩し、相手のエースに仕事をさせない。さらにブロックでしっかりと相手スパイクをひっかけ、石川ら強力攻撃陣が得点を重ねていった。「今日は1セット目の入りがすごく良くて、あれだけ点差を付けれて、楽な展開を作れたなと思いますね」(武智主将)。中盤以降も学芸大につけ入る隙を与えず、第1セットは25-15で中大が先取する。

 

▲最高の出だしを見せ、第1セットを取った中大

 

 第2セットも試合は中大ペースだった。武智主将を中心に「攻めるぞ、攻めるぞ」と声をかけあい、競った展開でもきっちりと自分たちのバレーで得点を重ねる中大。セット終盤に相手のサーブでレセプションを乱され、連続失点で同点に追いつかれたものの、武智主将が意識していたというサイドアウトで得点をあげ、再びチームに流れを引き寄せた。「(20点以降は)2本行かれたら、3本目でしっかり切って、そこからこっちがブレイクブレイクで最後行けた。ピンチサーバー勢も今日はいい働きをしてくれて、総合力で勝てたなと思います」(平田)。ピンチサーバーの竹内朋(商3)らの活躍もあり、25-23で第2セットも連取した。

 

▲この試合でもチームをけん引した石川

 

 第3セットはサイドの攻撃陣が光った。特に大竹はライトからのスパイクはもちろんバックライトやレフトからのスパイクも次々と決め、得点を重ねた。第1セット同様に前半に大量リード奪った中大。終盤には6連続得点もあり、勝負を決めた。「最初から最後まで集中力が切れるっていう場面がなかった。雰囲気が良く、最後まで出来たのかなと思います」(山下)。第3セットも25-13と学芸大を圧倒し、3-0で準決勝に駒を進めた。

 

 「今まででは1番安心して見れましたね」と試合後の松永監督。理想的な試合展開でのストレート勝ちを満足そうに振り返った。2年生で唯一のスタメンの水野も「気持ち的にも楽でした」と試合後の笑顔が印象的だった。

 

▲調子を上げてきた大竹

 

 準決勝の相手は筑波大だ。春季リーグ戦では相手の速いトスに苦しみ黒星を喫したが、東日本インカレと秋季リーグ戦では勝利している相手。だが、石川は「今大会で一番調子のいいチーム」と警戒。「4年生中心でやってるのでそこが崩れない限りこのインカレも崩れないかなと思います。去年も4年生がしっかりしてたので自分たちも思い切って出来ましたし」(石川)と4年生の活躍が鍵を握りそうだ。  学芸大に完勝し、改めて強さを示した形となった中大。悲願の4連覇まではあと2勝だ。

 

◆試合結果

中大3-0学芸大 (25-15、25-23、25-13)

 

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部