バレーボール部(男子部)ニュース

2017年05月02日

バレーボール部・春季関東大学バレーボールリーグ戦 対中央学大

4月8日 立川市立泉体育館

開幕白星発進 攻撃陣好調

スタメン(サーブローテーション順)

2WS 大竹壱青(商4)

3MB 平田亮介(経4)

12WS 谷口渉(法3)

4WS 武智洸史(法4)

18MB 水野将司(法2)

5S 山下紘右(商4)

9Li 柳田貴洋(法3)

 インカレ四連覇、さらに四冠を目指す戦いが始まった。中大は今季初の公式戦で中央学大と対戦した。2セット目を落としたものの、大竹らの活躍で、セットカウント3-1と勝利。石川祐希主将(法4)不在の中、幸先の良いスタートを切った。

▲得点を決め喜ぶ水野(左)と大竹

 「みんな固かった」(武智副将)と振り返る第1セット。谷口のスパイクで先制し、このまま流れに乗るかと思われた中大だが、初戦の緊張からか、リズムをつかめない。しかし、イタリアで練習生として経験を積んだ大竹のサービスエースから流れをつかむと、谷口や水野のブロックで中央学大の攻撃を封じ込めた。武智や谷口らの両サイドからの攻撃も決まり始め、25ー17で第1セットを先取した。

 第2セットも序盤から一進一退の攻防に。終盤、松永監督はピンチサーバーの中西雅暉(商4)を投入した。すると、中西がサーブで中央学大のレシーブを崩し、武智らのブロックで4連続得点。一気にこのセットをものにしたと思われたのも束の間、その直後に中央学大に5連続得点を許してしまう。攻撃が単調になり、競った場面でのミスで中央学大に流れを渡してしまった。結局25ー27でこのセットを落としてしまう。

 迎えた第3セット。平田のサーブが冴え、序盤に5連続得点。平田は二本のサービスエースを奪った。セット序盤で中央学院大を突き放した中大。その後も攻撃陣の強力スパイクで中央学大を寄せ付けない。終盤、相手の追い上げを受けるが25ー17で第3セットをものにした。

▲安定した動きで勝利に導いた大竹

 第4セットは中央学大を許す展開だったが、セッターの山下がトスをうまく散らしながら得点を重ね、じわりじわりと点差を詰めていく。セット終盤で追いつくと、最後は平田のスパイクで試合を決めた。

 開幕戦勝利もチームの成熟度としてはまだまだ。セッターの山下も試合後「これから作っていく感じ」と話した。一方で、ポジションを転向した平田と柳田が安定したプレーを披露。特に平田は力強いスパイクを決めるなど存在感を示した。細かいミスを修正し、次戦に繋げられるかが鍵となる。

◆試合結果

○中大3-1中央学大●

(25-17、25-27、25-17、25-23)

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部