バレーボール部(男子部)ニュース

2016年09月20日

バレーボール部・秋季関東大学バレーボールリーグ戦対国士大

9月17日 日体大健志台キャンパス米本記念会堂 

開幕5連勝 攻守に安定感

スタメン(サーブローテーション順)

10WS 石川祐希(法3)

1MB 井上慎一朗主将(法4)

9WS 大竹壱青(商3)

12WS 武智洸史(法3)

3MB 渡邊侑磨(法4)

13S 山下紘右(商3)

7Li 伊賀亮平(経4)

秋リーグ初の公開試合で中大は国士大と対戦した。4戦負けなしの中大はリーグ戦好調の攻撃陣が今日も好調。危なげなく国士大をストレートで退けた。

▲石川が1点決めると、どよめきが起きた

「今日の試合はサーブが本当に走ってたので、自分たちがやりたいバレーをできてたと思います」(松永監督)。試合後、松永監督が話したように、中大は、先週の順大戦に引き続き、石川、井上主将らを中心とした強力なサーブからリズムをつかんだ。相手に満足なトスを上げさせず、終始中大ペースで試合を進めた。特に石川のサーブは今日も強烈で、サービスエースを決めた際には会場がどめよいた。

▲スパイクを放つ井上主将

 リーグ前半戦も残り少なくなった中で、中大は安定した戦いを見せた。三方向どこからでも点が取れる強力攻撃陣をセッターの山下が見事に操った。守備では、伊賀副将を中心にミスらしいミスはほとんど見られなかった。さらに第3セット終盤には、冨田や谷口といった1、2年生が途中出場。戦力アップを目指し、チームの底上げをする余裕まで見せた。

▲フレッシュな戦力がチームを盛り上げた

 リーグ戦は次の専大戦で前半戦が終了となる。全勝優勝を目標に掲げる中大にとって勝負は日体大や東海大との対戦が控えるリーグ後半戦。前半戦を全勝で折り返し、後半戦に向け、弾みをつけたいところだ。

◆試合結果

○中大3-0国士大●

(25ー19、25ー17、25ー19)

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部