バレーボール部(男子部)ニュース

2015年05月18日

バレーボール部 春季関東大学バレーボールリーグ戦対法大

5月16日 日体大健志台キャンパス米本記念館 今季リーグ初の失セットも、未だ全勝譲らず

スタメン(サーブローテーション順) 17S山下紘右(商2) 14WS石川祐希(法2) 6MB渡邊侑磨(法3) 15WS平田亮介(経2) 21WS柳田貴洋(法1) 8MB井上慎一朗(法3) 11L伊賀亮平(経3)

 春季リーグ第8戦、これまでストレート勝利を積み重ねてきた中大は法大相手についに1セットを落とす。しかし3年生を中心にしっかりと立て直し、全勝優勝に向けてまた1つ勝利を手にした。

 第1セット、中大はサーブミスとスパイクミスが重なり、自分たちのバレーができない。相手のブロッカーを振り切ることができず、アタッカーは2枚のブロッカーと勝負しなければいけない場面が多かった。要所要所で石川のスパイクが決まるなど、なんとかリードを保って25-22でこのセットを取ったが、流れに乗り切ることができない。

▲エースの期待に応える石川

 第2セットは不穏な空気を変えるため、 17S山下 25WS谷口渉(法1) 6MB渡邊 15WS平田 14WS石川 8MB井上慎 11L伊賀 とメンバーを柳田から谷口に替え、ローテーションも変更して挑んだ。しかしミスが続いて苦しい展開に。石川や平田のスパイクで得点するも、終始相手を追い掛ける。さらに、ことごとくブロックのタッチアウトを狙われチャンスをつくれず、19-25でリーグ戦で初めて相手にセットを奪われた。


▲流れをつくった塚本

 切り替えたい第3セットは序盤、ミスで相手にリードを許す。流れが変わったのは3-7で石川にサーブ順が回ってきたときだった。前のスペースに落とすサーブで1点をとると、緩急をつけたサーブで相手レシーバーを崩し、チャンスをつくる。井上慎にブロックポイントも出て、ようやく中大のペースをつかむ。第2セットからスタメンで起用された谷口は、レフトサイドでサーブレシーブをしたあとに、そのままライトサイドに走りブロードを打つ素早いプレーを見せ、存在感を発揮した。息を吹き返した中大の勢いは止まらない。17-12の場面では渡邊に替わって塚本拓朗(経4)がピンチサーバーでコートに立つ。サーブで崩してチャンスボールをとると、石川や井上慎のスパイクが決まる。25-14でこのセットをしっかり取り返した。

▲安定したレシーブを供給する伊賀

 第4セットは渡邊が1人時間差を決めると、2連続でサービスエースをとり、流れを引き寄せる。再び法大にタッチアウトを狙われ苦戦するも、伊賀、石川、谷口を中心に守備もしっかり固め、手堅いバレーを見せる。平田が攻撃面で活躍し、最後は再び渡邊に替わって塚本がピンチサーバーに。コースを狙ってサービスエースをとり、4年生がこの試合をきっちり締めた。

次戦は5月17日(日)に日体大健志台キャンパスで対専大戦(Bコート第1試合、第1試合開始11時)が行われます!

◆試合結果 ○中大3-1法大●