バレーボール部(男子部)ニュース

2015年05月06日

バレーボール部 黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会対東福岡高

5月3日 大阪市中央体育館

春高王者・東福岡高に快勝 黒鷲旗をストレート勝ちで締めくくる

サーブローテーション順

1S関田誠大主将(法4)

14WS石川祐希(法2)

6MB渡邊侑磨(法3)

15WS平田亮介(経2)

21WS柳田貴洋(法1)

8MB井上慎一朗(法3)

11L伊賀亮平(経3)

黒鷲旗グループ戦第3戦目は春高優勝校である東福岡高。勢いある年下のチームに序盤は押され気味になってしまうが、徐々に調子を取り戻し中大ペースに。最終的にストレート勝ちを収め、黒鷲旗最後の試合をストレート勝ちで締めくくった。

1セット目は序盤、中大のミスが目立ち一時はリードを奪われてしまう。しかし、渡邊のクイックで勢いづくと、平田のスパイク、公式戦初スタメンの柳田のフェイントなどで着実に点を重ねていく。終盤には再びミスが目立ち始め、4連続失点してしまい、差を縮められてしまう場面もあったが、井上のクイックなどがさく裂し、25-21で1セット目を先取した。

初スタメンで出場した柳田

2セット目は終始中大ペース。柳田のスパイクが決まると、東福岡高にミスが多発し、一気に5連続得点。リードを広げた。さらに渡邊のサービスエースで東福岡高のペースを乱すと、井上のバックアタック、平田のスパイクなど多彩な攻撃を使い分ける。また、今年春高優勝に貢献し、中大に入学した谷口渉(法1)も途中出場し、得点するなどリードを広げ、25-12の大差で危なげなく2セット目も連取した。

3セット目は連続ミスで後を追う形になるがすぐに立ち直る。石川のバックアタックが決まると、井上の2連続ブロックが決まり、逆転に成功する。しかしまたリードを許すも石川にブロックが出ると流れは一気に中大に。その後井上の連続サービスエースや平田の強烈なクロスなどで10連続得点に成功し、東福岡高を突き放した。また、19-10の場面で関田主将に代わり、山下絋右(商2)を投入。石川のスパイク、井上のクイック、平田のクロスをうまく使い分け、25-17で3セット目も奪い取り、ストレート勝ちを収めた。

多彩な攻撃につながるトスワークを見せた関田主将

黒鷲旗グループ戦の結果は1勝2敗。グループ戦突破とはならなかったが「企業のチームと戦えていい経験になった。今後につなげたい」(関田主将)と3連戦を振り返った。

◆試合結果

○中大3-0東福岡高●(25-21、25-12、25-17)

次戦は春季リーグ戦です! 

5月10日(日)に日体大健志台キャンパスで対東海大戦(Aコート第2試合、第1試合開始11時)が行われます!

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部