バスケットボール部ニュース

2017年10月24日

バスケットボール部・第93回関東大学バスケットボールリーグ戦 対国士舘大②

10月22日 東洋総合スポーツセンター

悲願の1部昇格!2部リーグ優勝‼

 

 4年越しの願いが遂に叶った。今回の国士大との一戦に勝てば、1部昇格が決まるという大一番で勝利を収めた。試合は終始相手にリードを奪わせなかった。また、#33三上侑希(法2)がこの日合計6本のスリーポイントを決めるなどしてチームを勝利へと導いた。「リーグ戦あんまり入ってるイメージがなかったけれど、最後の大事な試合で決めることができて良かった。これもパスをくれたチームメートのおかげ」(#33三上)。

 

スターター

#24小林千真(法4)、#14久岡幸太郎(商3)、#28鶴巻啓太(法3)、#22足立翔(商2)、#71沼倉壮輝(経2)

 

▲21得点を上げた#33三上

 

 序盤、両チームともなかなかシュートが決まらず、ボールの取り合いをしていたが、パスを受けた#14久岡がドライブで中に切り込み先制点を決めた。その後流れに乗った中大は#28鶴巻を中心にゴールを重ねていった。そして、前半を8点のリードで終える。

 

▲盛り上がる選手たち

 

 第3ピリオド、#33三上のスリーポイントが決まり始め、リードを広げた中大。続く第4ピリオド、相手の強いディフェンスをかわしながら、点を重ねていった。残り時間28秒で、#99浅見陸人(総4)、#6柿内輝心主将(法4)、#9阿部龍星(商4)、#8阿刀竜嗣(文4)、#24小林の5人の4年生に後が託された。「4年生には最後の勝つ瞬間にコートにいて欲しいと思ったので、彼らに敬意を示す意味で最後に出した」(萩野コーチ)。#8阿刀や#99浅見が相手からフリースローを取り、確実に点を取っていき81-71で勝利した。

 

▲1部昇格と2部リーグ優勝が決まり喜ぶ選手たち

 

 4年前2部に降格してから苦しい日々が続いた。去年もあと少しの所で、1部昇格を逃し悔しい思いをした。今の中大には1部を経験したものはいない。だからこそ、1部昇格という思いはより一層強かった。4年生たちは、「4回目でやっと1部に上がれて本当に嬉しい」(#6柿内主将)。「1年間このためだけにやってきたので、本当に嬉しい。自分たち4年生としては、後輩たちに1部昇格っていう一番いい結果を残せた」(#24小林)。「本当に嬉しいの一言。ここまでの4年間苦労してきたのがやっと実った」(#8阿刀)。と昇格を大いに喜んだ。次はラストとなる日体大との一戦がある。既に1部昇格と2部リーグ優勝は決めているが、選手たちの目はもうインカレに向いている。そのため、成長できるチャンスとして、勝ちにこだわりたい。

 

◆試合結果

○中大81(18-13、23-20、22-17、18-21)71国士舘大●

 

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部