バスケットボール部ニュース

2017年10月23日

バスケットボール部・第93回関東大学バスケットボールリーグ戦 対江戸川大②

10月15日 日体大世田谷キャンパス

連勝の流れに乗り、次戦は首位の神奈川大へ挑む

 

 リーグ戦も15戦目。昨年の1部昇格争いで苦しめられた江戸川大との1戦となった。中大は得意のディフェンスでターンオーバーの回数を増やす。一気に流れを作ると、序盤から突き放し、昨年の屈辱を果たした。20点以上の差をつけての圧勝を収め、次はいよいよ首位の神奈川大へ臨む。

 

▲#33三上侑希(法2)は3本のスリーポイントを決めた

 

スターター

#13中村功平(総3)、#22足立翔(商2)、#24小林千真(法4)、#28鶴巻啓太(法3)、#71沼倉壮輝(経2)

 

 中大の先制点から試合が始まった。#13中村がディフェンスリバウンドを拾い、#71沼倉へ見事な速攻が通る。相手の外国人選手を中心としたプレーに序盤こそ苦戦したものの、#2大﨑翔太(総2)が「自分よりも身長が高いのでボールを持たせないように」(#2大﨑)、前に出るディフェンスで抑え込んだ。得意の速攻とスリーポイントで突き放した点差を、第2ピリオドになっても維持し、前半を43-33で折り返す。

 

▲#2大﨑は「シュートが入らなかった」と反省点を語った

 

 後半、「激しいディフェンスから流れができ始めた」(#28鶴巻)と言うように、相手がパス回しに苦戦したところを見逃さず、積極的につぶしに行く。第4ピリオドに入っても、3連続のスリーポイントなど始終中大ペースで試合が進んだ。83-61で勝利を収めた。

 

▲#28鶴巻は22得点を奪う活躍を見せた

 

 3位の日体大が駒大相手に黒星を喫したため、中大は残る3戦のうち2勝すると、1部昇格が確実となる。次は現在1位の神奈川大と、首位の座をかけて争う。「絶対に取らなければいけない」(#28鶴巻)。次戦が昇格への鍵を握ることは間違いない。

 

◆試合結果

○中大83(25-17、18-16、24-15、16-13)61江戸川大●

 

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部