「中大スポーツ」新聞部ニュース

2014年05月18日

サッカー部 関東大学サッカーリーグ戦前期第9節 対明大

5月18日
味の素スタジアム西競技場
矢島の劇的ゴールで引き分けに持ち込む
 前節では痛い敗戦を喫し、順位を一つ下げてしまった中大。上位浮上には勝つしか許されていない。そんな状況下での今回の相手はリーグ戦現在3位と好調の明大だ。試合は前半に失点を許してしまうも、後半アディッショナルタイムに37矢島輝一(商1)がオーバーヘッドで劇的ゴールを挙げて引き分けに持ち込んだ。

 試合は序盤から明大優勢で動く。たびたびゴールを狙われるも中大もDF陣が必死の守りを見せる。13分には相手MFのドリブル突破を7山田和輝(法3)と15縣翔平(商2)が食い止める。また30分、32分にはサイドから上がったボールをGKの1前田将(経4)がキャッチして守りを見せる。
 一方の攻撃は明大の固い守備にシュートの機会が訪れない。それでも11分には11古橋匡梧(経2)がドリブルで持っていきシュートを試みるもここは左にそれてしまう。また16分には9内田祐介(商2)と10砂川優太郎(法4)がパスワークで回して最後は内田が狙うもゴールには至らない。その後も内田を中心に狙っていくも明大の守備を前に得点には至らない。そして前半終了間際になり試合が動く。45分、明大FWにボールを奪われクロスを上げる。それをMFがヘディングで押し込まれ失点。前半にリードを許す形で折り返す。

ゴールを決めて喜びを見せる矢島

 後半に入り追い付きたい中大。しかし後半は前半以上に明大の攻撃に翻弄される。開始早々ドリブルで持ち込まれるもここはボールが左にそれて事なきを得る。その後もたびたびシュートを放たれるもいずれもDF陣が守り切り失点を許さない。また70分には相手にボールを運ばれゴールを狙われるも前田が止める。
 その中でも中大はチャンスをつくる。68分、39鴨池陽希(商1)から古橋へ渡ったボールを砂川にパス。そこから砂川がシュートを試みるが上にそれてしまう。流れを変えたい中大は76分に内田に代えて矢島を投入する。しかし、なかなか明大優勢である状況は変わらず試合は3分間のアディッショナルタイムに突入。そして試合終了間際にチャンスが巡ってくる。鴨池が右から上げたボールを中央で5岡崎亮平(経4)が受け取る。相手DFと格闘しながらもそのボールを矢島のもとへ渡す。これを「残り時間も少なかったので大胆にやるしかないと思った」(矢島)とオーバーヘッドで思い切り振りぬき見事決まる。土壇場で試合を振り出しに戻し、そのまま試合終了。連敗の危機を食い止めた。

 試合後白須監督は「五分五分。相手のことを考えたらうちが押し込まれる分想定していた」という。矢島のゴールについては「次につながる得点なので貴重な勝ち点1になった。1年生ながら今後も期待できる選手」と評価した。砂川も「あの場面で結果を出せるということは本当に彼の素晴らしいところ」と褒めた。守備面についても白須監督は「失点は計算外だったが、それ以外はイメージ通りやってくれたので問題なかった」と分析した。
 次の相手は国士大。今回の試合と同様に苦しい展開が続くと予想されるが4渋谷亮主将(商4)は「気持ちで上回って攻撃的に勝ちたい」と意気込む。負けが許されない状況の中大にとって、次の試合も劇的ゴールをあげられるか注目だ。

◆試合結果
△中大1
ー1明大

◆スタメン
GK1前田
DF39鴨池、3小出啓太(商3)、5岡崎、15縣翔平(商2)
MF25三島頌平(商1)、17飯干雄斗(経2)→6秋元佑太(商4)、11古橋、7山田→35藤橋弘貴(商2)
FW10砂川、9内田→37矢島

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部