「中大スポーツ」新聞部ニュース

2014年05月17日

女子陸上競技部 第93回関東学生陸上競技対校選手権大会(1日目)

5月16日 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
初日にして表彰台へ!
 本日から始まった関東インカレ。初日はほとんどの種目が予選から行われ、選手たちは決勝への進出をかけて奮闘した。

 円盤投決勝には柴沼千晴(文3)と樋川仁子(商3)が出場し、共に3回の試技を終えた時点でトップ8入りを果たした。全部で6回の試技を終え、最終結果は柴沼が6位、樋川が8位にとどまった。
 400m予選には新宅麻未(商3)、山本瑞(法3)、阿部彩香(文2)の3名が出場。55秒47をマークした新宅と57秒00をマークした阿部が準決勝へ進んだ。午後に行われた準決勝では新宅が56秒92で決勝へ1位通過した。400m決勝は2日目の午前行われる。
 100mHにも川村涼伽(文2)、宮崎紗希(文2)、小柳結莉(文3)の3名が出場し、川村と小柳が準決勝、そして決勝へと駒を進め、表彰台を目指す。

やり投決勝で2位に輝いた高橋

 1500mは大塚菜穂(文3)、丹羽七海(文1)、市村萌捺美(経1)が出場。市村は序盤、先頭集団にいたが終盤に追い抜かれ、最終順位は6位に終わった。
 100mは予選のみ行われ、淺野えりな(文4)が準決勝進出を決めている。
 今大会中大初の表彰台に輝いたのは、やり投の高橋唯(文2)。最終試技で51m96をマークし2位に輝いた。「中大に貢献できたのが一番嬉しい」と喜びをあらわにした。

10000m決勝で4位の好走を見せた篠塚

 その後4×100mリレー予選が行われ、中大は藤沼朱音(法1)、淺野、川村、新宅のオーダーで挑んだ。しかし淺野と川村の間でバトンミスがあり、途中棄権となった。
 初日最後に行われたのが10000m決勝。篠塚麻衣(商4)と西村真実(商2)が出場した。篠塚は最後までトップ集団の中にいた。次々とラストスパートをかけていく中で、篠塚は3位争いの状況に。しかし惜しくも4位で表彰台を逃した。

 2日目は400mや100mHの決勝に加えて4×400mリレーの予選なども行われる。4×100mリレーの屈辱を晴らしたい。
◆大会結果◆
円盤投決勝
 ⑥柴沼 43m86
 ⑧樋川 41m42
400m予選
 2組②新宅 55秒47→準決勝進出
 3組④山本 57秒83
 4組③阿部 57秒00→準決勝進出
400m準決勝
 1組①新宅 56秒92→決勝進出
 2組⑤阿部 58秒31
100mH予選
 1組①川村 14秒40→準決勝進出
 2組⑤宮崎 14秒81
 4組⑤小柳 14秒68→準決勝進出
100mH準決勝
 1組③川村 14秒10→決勝進出
 2組④小柳 14秒14→決勝進出
100m予選
 4組淺野 12秒46→準決勝進出
1500m予選
 1組⑤大塚 4分35秒97
 2組⑦丹羽 4分37秒15
 3組⑥市村 4分41秒14
4×100mリレー予選
 2組中大(藤沼→淺野→川村→新宅)→DNF
10000m決勝
 ④篠塚 33分47秒16
 ⑱西村 36分39秒75
やり投決勝
 ②高橋 51m96

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部