「中大スポーツ」新聞部ニュース

2014年05月16日

卓球部 春季関東学生卓球リーグ戦対大正大戦

5月15日
所沢市民体育館
連勝で大一番へ
  リーグ戦3日目は1日に2試合を行うハードスケジュール。1試合目に勝利した中大は流れに乗り、2試合目の大正大戦もゲームカウント4-1で勝利。良い形で翌日の明大との大一番へつなげた。
 第1試合に出場したのは駒大戦と同じく大坂亮輔(文2)。昇格組の大正大相手に11-4、11-4、11-6と難なくストレート勝利。圧勝で次につなげる。

 第2試合では宮本幸典(文1)が1年生として3人目のリーグ戦デビューを果たした。「最初は緊張しかしなかった」と立ち上がりは固さが見られ1セット目を落とすが、その後は落ち着いた試合運びをし、見事逆転勝利。チームに1勝をもたらすとともに嬉しい初勝利を飾った。
 続く第3試合にも1年生の定松祐輔(文1)が出場した。「予想通りの活躍をしてくれた」(鈴木監督)と語ったように、相手のエースに対し3-1で勝利。特に第4セットは相手に1ポイントしか許さない圧倒的な展開だった。
 第4試合のダブルスで勝負を決めたかったところだが、大正大も意地を見せる。鈴木将幸(商4)・徳永大輝(商3)組は第1セットを取るもその後はミスが多く、3セットを取られ逆転負けを喫した。
 第5試合に登場したのは藤木祥二主将(商4)。エースとしての力を見せつけ、危なげなく試合を展開し3-1で勝利。試合後は「勝ててほっとした」と安どの表情を浮かべた。

 鈴木監督、そして選手たちは「明日の明大戦が勝負」と口をそろえる。リーグ戦連覇中の明大は今季もここまで圧倒的な戦力で勝利を重ねており、死角はほぼ見当たらない。日本代表の丹羽をはじめとしてスター選手がひしめく優勝候補に対し「勝ちに行く」(藤木主将)気持ちを前面に押し出し、勝利をもぎ取ることはできるか。

◆試合結果
○中大4-1大正大●
○大坂3-0高梨●
○宮本3-1小野澤●
○定松3-1飯野●
●鈴木・徳永1-3飯野・市川○
○藤木3-1市川●


記事、写真:「中大スポーツ」新聞部