「中大スポーツ」新聞部ニュース

2014年05月13日

卓球部 春季関東学生卓球リーグ戦対法大戦

5月12日
所沢市民体育館
ルーキーが活躍!法大に勝利
 春季関東学生卓球リーグ戦が開幕した。初戦は法大との対戦となった。昨秋はゲームカウント1-3から大逆転勝利を収めた相手なので接戦が予想された。しかし、第1ゲームを落としたものの、そこから4ゲーム連続で勝利し法大を下した。

 1番手で登場したのはなんと1年生の坂野申悟(法1)。いきなりリーグ戦デビューとなった。「1番ということもあり緊張はした。点を取った時はすごく盛り上がるし、高校とは雰囲気が違った」と振り返るように序盤は相手に押され気味で2セットをとられてしまう。しかし徐々に慣れはじめ本領を発揮する。2セットを取り返し勝負は最終セットまでもつれた。粘りを見せたがこのセットを落とし2-3で敗れた。「実績のある選手だったので思い切ってやった。フルセットまで持ち込めたので勝てるチャンスはあったと思う」と負けたものの今後に期待の持てる試合内容だった。

 第2試合は大坂亮輔(文2)。「相手はサーブがうまくて、トリッキーなレシーブもする選手。まずは、一発で決めようとせずしっかりとラリーに持ち込もうとした」と対策をたて2セットを先取する。「(リーグ戦では)今までで1番落ち着いていたと思う」と自身でも手応えを感じた。3ゲーム目は競ったがなんとかとりゲームカウント3-0で勝利した。

 第3試合はエースの藤木祥二主将(商4)。相手は高校も学年も同じ相手だった。「やっていて楽しかった」、しかしお互いに譲らない展開となり最終ゲームまでもつれた。最後は3連続ポイントで締め、なんとか勝利しエースの役目を果たす。

 第4試合はダブルス。松生直明氏(平25年度卒)の卒業により、新しいダブルスの組み合わせが注目された。鈴木監督は東京選手権など最近の大会で結果を残していた鈴木将幸(商4)・徳永大輝(商3)を抜擢した。安定感のある戦いぶりを見せ3-1で勝利。ゲームカウント3-1として団体戦勝利まであと1勝とした。
 第5試合はこちらも1年生の定松祐輔(文1)。相手は法大の2番手で全日学でランク入りを果たすなど実績のある選手だ。「緊張はしなかった。いつも通りのことができれば勝てると思っていたので、自分から積極的に攻めることを心がけた」、パワーのある両ハンドドライブで相手を翻弄しセットカウント3-1で勝利した。初勝利を収め喜ぶ一方、「自信になったけどもっと上を目指さないといけない」と語った。

 ゲームカウント4-1となり中大が勝利した。鈴木監督は「リーグ戦は独特の雰囲気がある。1年生の2人がいい流れを作ってくれ、勝つべき人が勝ってくれた。出てない選手も実力は紙一重なので、もっと全体でレベルアップしていきたい」と語った。リーグ戦優勝へ、まずは1勝をあげた。


◆試合結果
◯中大4-1法大●

●坂野2-3鹿屋◯
◯大坂3-0村井●
◯藤木3-2生田●
◯鈴木・徳永組3-1鹿屋・尾留川組●
◯定松3-1尾留川●


記事・写真:「中大スポーツ」新聞部