ソフトボール部(女子部)ニュース

2015年08月19日

ソフトボール部(女子)・第30回東日本大学ソフトボール選手権大会対東京国際大

8月8日 長野県・美すずスポーツ公園

4回コールドも上田の適時打で一矢報いる

4回、上田が中前に適時打を放ち伊藤(写真奥)が生還する

▲4回、上田が中前に適時打を放ち伊藤(写真奥)が生還する

 リーグ戦を準優勝で終え、東日本大会に挑んだ中大。対戦相手の東京国際大は昨年度のインカレを制した強豪校だ。「組み合わせを見て驚いたが、1点を取ることを目標に」(木村祥子主将・経3)試合に臨んだ。4回コールドで敗れたものの、4回表に上田凪砂(商2)が適時打を放ち、一矢を報いた試合となった。

 初回、先発の杉田遥奈(総3)が四死球でピンチを招くと、3本の適時打を浴びていきなり4点を失う。その裏に伊藤真由(経2)がチーム初安打を放つも、後続が打ち取られ無失点に抑えられる。  杉田はその後も東京国際大の猛攻を防ぎきれず、2回は走者一掃の適時三塁打を含む5失点。3回にも犠飛で追加点を許し、3回を終えて0対10と大きくリードされる。

 4回、再び伊藤がチャンスを作る。フルカウントまで粘り、6球目を中堅に弾き返した。伊藤は一気に三塁を陥れ、間一髪セーフ。無死三塁の大きなチャンスを作った。続く打者は上田。「外角に甘いボールが来た」と迷わず振り抜くと、打球は中前へ抜けた。中大が目標としていた1点を返したが、その後は続くことができずに終わった。

 東京国際大がその裏に1点を追加し、試合は結局1対11で4回コールド負け。しかし、二塁手の前田あやか(法2)が再三好プレーを見せるなど、中大の意地を見せた試合だった。木村主将は「一つ一つのプレーが勉強になった」と強豪校との対戦に収穫を得た様子だった。  チームはこれから夏合宿などを挟み、秋季リーグ戦へと臨む。木村主将を含む3年生が主体となって挑む、最後のリーグ戦だ。この試合の経験を活かし、秋へとつなげられるか。

◆試合結果◆

   中   大=000 1=1

東京国際大=451 1=11

※規定により4回コールド

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部