ソフトボール部(男子部)ニュース

2014年04月19日

ソフトボール部 東京都大学ソフトボール連盟春季リーグ戦(男子)対国士大、対早大

4月19日 国士大グラウンド
二試合連続負け 幸先良いスタート切れず

春季リーグ戦初日からいきなりダブルヘッダーの試合となった。対戦相手はどちらも強豪校の国士大、早大だ。

 初戦は国士大との対戦。初回から、先発の川村卓未(商2)がいきなり国士大に先制点を1点取られてしまう。しかし1回裏、植西剛大主将(法4)が先頭打者本塁打を放ち、同点に追いつく。国士大を三者凡退に抑えると、続く2回裏は先頭の富士眞胡人(商2)を筆頭に安打が続き、2点を返し勝ち越す。3回表も順調に2死を取るが、その後に中前安打、本塁打が続き、再び同点に追いつかれてしまう。
 両者共に三者凡退や残塁が続き、決め手となる一打が出ないまま勝負は7回にまでもつれこむ。川村は二塁打や右前安打を打たれながらも、国士大打線を無失点に抑える。
 7回の裏、1回に本塁打を打った植西主将が右中間へ二塁打を打ち出塁。続く寺本豊(法3)は二ゴロに終わるも、次は3番平野智士(理工3)、4番森添巧将(商3)と好打順。しかし、二者連続で敬遠され、二死満塁の展開に。5番富士は遊飛に終わり、サヨナラ勝ちにはならなかった。
 試合は無死二塁から始まる、タイブレークに突入。先行の国士大が2死二塁から1点を勝ち越す。後がない中大、1死三塁とチャンスを作るも、二者連続空振り三振に終わり、惜しくも春季リーグ戦初戦を制することはできなかった。

◆試合結果
国士大  10200001=4
中   大  12000000=3
(8回からタイブレーク)

1試合目から2時間後、早大と対戦した。初戦に続き川村が先発したが、不安定な立ち上がり。初回先頭打者に四球を与えると、連打と本塁打で4点を先制される。2回にも1点を失うなど苦しい投球が続くが、3回以降はエースとしての意地を見せ5回まで無失点に抑える。

6回からは秋山駿(法1)が登板した。しかし3点本塁打を浴びるなど、2回を投げて5点を失った。インカレ2連覇中の王者に力の差を見せつけられ、「今日(の出来)は50点。今日の経験を今後につなげられれば」(鈴木監督)と振り返った。

追い上げたい打線は2回に富士の安打と四死球2つで1死満塁の好機を作るが、後続が続かない。3回以降は相手投手のテンポの良い投球に翻弄され、反撃の糸口をつかむことができなかった。「コースに投げ分けられて、打たされてしまった」(植西主将)と散発1安打に抑えられ、完封負けを喫した。

目標としていたリーグ戦優勝は厳しくなった。それでも鈴木監督は「(今日の負けは)切り替えて、最後の日体大戦を意識してやっていく」と先を見据えた。 

◆試合結果
早   大  4100014=10
中   大  0000000=0

次の試合は4月26日東京都大学ソフトボール連盟春季リーグ戦対学芸大(11時30分~国士大グラウンド)です!