水泳部ニュース

2015年09月07日

水泳部(競泳) 第91回日本学生選手権水泳競技大会2日目

9月5日 古橋廣之進記念浜松市総合水泳場

中大まさか・・・メリレ予選失格で総合4位に後退

肩を落とす小形を励ます新山

▲肩を落とす小形を励ます新山

 競泳のインカレは2日目が行われた。初日を首位で通過した中大だったが、200m自由形では男子が全員予選落ち。さらに、400mメドレーリレーでは引き継ぎに違反があったとして失格となり、想定外の0点に終わる。200m個人メドレーでは男女とも全員が決勝に進み、砂間敬太(法2)は昨年に続きメダル獲得となったが、総合4位で最終日に挑むことになった。

 仮にリレー種目で1位を取った場合の得点は、個人種目の倍の40点。優勝を狙う中大にとって、リレー種目の上位入賞は必須だった。レースは序盤から隣のレーンを泳ぐ中京大と競り合う展開。3分40秒58でゴールし決勝進出は問題ないと思われた瞬間、中大の失格が告げられた。

 追い込まれた中大は、100mバタフライB決勝で中曽根功也主将(経4)が自己ベストを更新。200m個人メドレーでは男女全員が決勝進出を果たし、砂間敬太(法2)が2位に入賞した。しかし、200m自由形決勝で1位と2位を独占した日大、400mメドレーリレーを制した中京大らの勢いは強く、2日目を終えて首位と28点差の4位で最終日を迎えることになった。

 だが、初日の400mフリーリレーで失格となった明大が現在3位。選手の奮闘が、最終日の逆転劇を呼ぶ。

種目別結果

◆予選◆

200m自由形 

25位 大坪駿也(文3)1分52秒03        

32位 長曽我部一大(法4)1分52秒58        

39位 池永旬輝(総2)1分53秒16(自己新)        

⑥瀧口真帆(法3)2分02秒20

※瀧口は決勝進出

100mバタフライ 

⑪中曽根功也主将(経4)53秒89(自己新)          

⑮髙橋一貴(法1)54秒10          

24位 田上勇気(経3)54秒54          

④黒木満佐子(文4)1分00秒26

※黒木は決勝、中曽根主将と髙橋はB決勝にそれぞれ進出

200m個人メドレー 

①砂間敬太(法2)2分00秒97           

④宇都宮壱基(法2)2分02秒27(自己新)           

⑧金井佑馬(法4)2分02秒73           

⑥岩嵜有加里(総4)2分15秒85

※中大勢は全員が決勝進出

1500m自由形 

⑦佐藤祐斗(法3)15分32秒35        

⑩平野誠(文3)15分33秒45(自己新)        

26位 小松代和磨(経1)15分50秒60

※佐藤祐は明日行われる決勝に進出

400mメドレーリレー 

失格 中大

※1泳から順に砂間、深澤康平(経2)、新山政樹(総4)、小形純平(法2)

※第3泳者から第4泳者の引き継ぎに違反

◆B決勝・決勝の総合順位◆

100mバタフライ 

⑫髙橋 53秒74(自己新)         

⑭中曽根主将 54秒12         

⑤黒木 59秒98

200m個人メドレー

②砂間 1分58秒20(自己新)

④宇都宮 2分01秒32(自己新)

⑥金井 2分02秒48(自己新)

⑥岩嵜 2分15秒47

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部