水泳部ニュース

2015年09月07日

水泳部(競泳) 第91回日本学生選手権水泳競技大会1日目

9月4日 古橋廣之進記念浜松市総合水泳場

自己新ラッシュで首位

 自己新連発でスタートダッシュ成功だ! 浜松で開幕したインカレは4日、初日の競技が行われ、中大勢からはリレーメンバーを含め19名が出場した。主将の中曽根巧也(経4)、副将の西井良(法4)をはじめ、7名がベストを更新し自己新ラッシュとなった。

▲初日の最終種目、4継決勝で入場するリレーメンバー。手前から大坪、大本、砂間、小形
 200m背泳ぎでは、1年生で唯一初日の競技にエントリーした龍宏樹(経1)が1年ぶりの自己ベスト更新で決勝に進出。5位入賞を果たした。4年生も主将、副将を筆頭に、竹下正悟(経4)と3名がベストを出した。「チームのみんながどんどんベストを出してくれていて、インカレに強いチームなんだなと」(中曽根主将)。「下馬評では5、6番手」(平野誠・文3)という中大だが、予想を上回る結果で「インカレパワー」を発揮した。

 昨年度個人種目で2回表彰台に上るなど優勝に大きく貢献した砂間敬太(法2)は200m背泳ぎで2位。大会初日、中大勢唯一のメダルをもたらした。直後に400mフリーリレー(4継)の決勝にも出場した万能スイマーは、「体は確かにきついけど、チームの力を信じていきたい」と語った。

 初日の男子合計得点134.0点で、首位。2位の中京大とは16点差をつけた。中曽根主将は「決勝に残ったのはホント僕自身初めてで」と頬をゆるめたが、上々の滑り出しかと問われると「そう言いたいところですけれど、そんなことも言っていられない」と真剣な表情に。昨年は初日を首位で終えるも、2日目で日大、中京大に抜かれ3位に転落しており油断はできない。ここからが勝負どころだ。
種目別結果
◆予選◆

50m自由形 

⑤西井 23秒00(自己新)       

⑯佐藤俊也(法3)23秒42       

⑱大本 23秒47(自己新)

50m自由形スイムオフ 

②佐藤俊 23秒46

※西井は決勝にそれぞれ進出

※佐藤俊はスイムオフで榎本(青学大)に敗れB決勝進出ならず

400m自由形 

⑧佐藤祐斗(法3)3分55秒11       

⑭平野 3分56秒42(自己新)       

25位 池永旬輝(総2)3分58秒23        

⑪瀧口真帆(法3)4分18秒72

※佐藤祐は決勝、平野と瀧口はB決勝にそれぞれ進出

200mバタフライ 

⑥中曽根主将(経4)1分58秒34(自己新)         

⑦深澤康平(経2)1分58秒57          

⑱熊谷和哉(法1)1分59秒80

※中曽根主将、深澤は決勝進出

200m背泳ぎ 

②砂間 2分00秒32       

⑤龍 2分01秒23(自己新)        

27位 岩田哲也(総3)2分05秒92

※砂間、龍は決勝進出

100m平泳ぎ 

⑧新山政樹(総4)1分01秒36        

④新谷一総(総2)1分01秒01(自己新)       

33位 竹下 1分02秒74(自己新)

400mフリーリレー 

⑤中大 3分22秒27

※1泳から順に小形純平(法2)、藤原諒大(文1)、大本、大坪駿也(文3)

※決勝進出

◆B決勝・決勝の総合順位◆

50m自由形 

⑯西井 23秒27

400m自由形 

⑧佐藤祐 3分56秒53       

⑬平野 3分56秒49        

⑪瀧口 4分18秒35

200mバタフライ 

⑥深澤 1分58秒13         

⑧中曽根主将 1分59秒34

200m背泳ぎ 

②砂間 1分57秒16        

⑤龍 2分01秒28

100m平泳ぎ 

⑦新谷 1分01秒42        

⑧新山 1分01秒67

400mフリーリレー 

④中大 3分21秒52

※1泳から順に小形、砂間、大本、大坪

◆1日目終了時点の総合順位◆

中 大 134点

②中 京 大 118点

③明 大 115点

④日 大 112点

⑤早 大 96点

⑥東 洋 大 70点

⑦同志社大 64点

⑧法 大 55点

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部