水泳部ニュース

2015年04月09日

水泳部(競泳)日本選手権水泳競技大会2日目

4月8日 東京辰巳国際水泳場

佐藤祐 表彰ならず

 大会2日目、中大からは予選、決勝競技にあわせて10名が出場した。

佐藤

▲800mタイム決勝のレース後、佐藤祐はタイムの表示された電光掲示を見てうなだれた

 萩野(東洋大)ら強豪ぞろいの男子200m自由形など、ハイレベルな争いに中大勢は軒並み予選止まり。苦戦を強いられる中、女子200m自由形で瀧口真帆(法3)が16位にすべり込み、準決勝進出へこぎつけた。最終結果は予選と同じ16位だったものの、予選敗退となった昨年より成績を上げた。

 前日の100mバタフライで決勝に残った黒木満佐子(文4)は、昨年の14位から大きく上げ5位。「泳ぎは昨日のほうがよかったが、決勝に残れたことは大きな収穫だった」と笑顔で話した。

 昨年800m自由形3位で表彰台に上った佐藤祐斗(法3)は、4位と惜しくも入賞を逃した。「この結果には満足できない。1500m自由形で頑張りたい」と、他の種目での巻き返しを誓った。

種目別結果 ◆予選◆ 200m自由形 男子 38位大坪駿也(文3)1分52秒72           41位小形純平(法2)1分52秒77            44位長曽我部一大(法4)1分53秒10       女子 ⑯瀧口 2分02秒87 準決勝進出 50mバタフライ 32位田上勇気(経3)24秒88 800m自由形 ④佐藤祐7分59秒53       18位平野誠(文3)8分16秒90        19位池永旬輝(総2)8分18秒14        25位小松代和磨(経1)8分23秒83 ※800mはタイム決勝

◆準決勝◆ 200m自由形 ⑯瀧口 2分04秒54

◆決勝◆ 100mバタフライ ⑤黒木 59秒80

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部