水泳部ニュース

2014年10月30日

水泳部(競泳) 日本選手権(25m)水泳競技大会FINAスイミングワールドカップ2014東京大会2日目

10月28日 東京辰巳国際水泳場
新チーム始動
来年度に向けて弾みをつけた
 今年度最後の大きな大会となる日本選手権(25m)・ワールドカップ2014も2日目を迎えた。2日目も多くの選手が日本選手権決勝、タイム決勝を含めたワールドカップ決勝へと進出した。
 「インカレを終えて基礎から見直してきた」という新山政樹(総3)は、1日目の50m、200m平泳ぎに続いて100m平泳ぎでも日本選手権決勝へ進出、2位という結果を残した。さらに、ワールドカップタイム決勝1500m自由形は佐藤祐斗(法2)、瀧口陽平(法4)がそれぞれ6位、7位という成績で泳ぎ切った。混合200mフリーリレーはワールドカップ決勝へ。決勝は予選よりもタイムを1秒近く縮めてフィニッシュ。表彰台にこそ上がらなかったが、実業団チームなどとも張り合う結果となった。
 日本選手権、ワールドカップ決勝進出者の多かった今大会。インカレ後初となった今回の大会で、来年4月の日本選手権、さらにはインカレに向けて、よいスタートを切ったに違いない。
種目別結果
◆予選
100m背泳ぎ ⑨新山 59秒60 日本選手権決勝進出
       24位金井佑馬(法3) 1分01秒08
       33位新谷一総(総1) 1分01秒79

100mバタフライ 22位砂間敬太(法1) 53秒03
         31位田上勇気(経2) 53秒58

50m背泳ぎ ⑮岩田哲也(総2) 24秒77 日本選手権決勝進出

200m個人メドレー ⑩堤貴大(総4) 1分58秒53 日本選手権決勝進出
           23位金井 2分01秒69
           26位砂間 2分02秒41
           31位宇都宮壱基(法1) 2分06秒28

400m自由形 ⑨瀧口真帆(法2) 4分09秒51

50m自由形 24位佐藤俊也(法2) 22秒77

100m個人メドレー 27位岩嵜有加里(総3) 1分03秒27

200m背泳ぎ ⑬岩田 1分56秒99 日本選手権決勝進出

50mバタフライ ⑩黒木満佐子(文3) 26秒81 日本選手権決勝進出

200m混合フリーリレー ⑥中大 1分36秒07 ワールドカップ決勝進出
              (1泳から大本鷹司(経2)、佐藤俊、瀧口真、黒木)

◆日本選手権決勝
100m平泳ぎ ②新山 59秒54

50m背泳ぎ ⑤岩田 24秒63

200m個人メドレー ⑧堤 2分01秒89

400m自由形 ①瀧口真 4分08秒79

200m背泳ぎ ⑤岩田 1分57秒02

50mバタフライ ①黒木 26秒51

◆ワールドカップ決勝
1500m自由形タイム決勝 ⑥佐藤祐 15分01秒80
              ⑦瀧口陽 15分01秒82
              20位平野誠(文2) 15分50秒48

400m個人メドレータイム決勝 ⑭岩嵜 4分41秒64

200m混合フリーリレー ⑦中大 1分35秒80
                                 (1泳から佐藤俊、大本、瀧口真、黒木)

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部