水泳部ニュース

2014年10月28日

水泳部(競泳) 日本選手権(25m)水泳競技大会FINAスイミングワールドカップ2014東京大会1日目

10月28日   東京辰巳国際水泳場
W杯決勝に6名が進出
   新体制となり、最初の大きな試合が行われた。昨年とは違い、日本選手権(25m)とワールドカップを同日に行うという変則的なレースだったが、日本選手権決勝には8名、ワールドカップ決勝には6名がそれぞれ進出した。
   日本選手権では200mバタフライで堤貴大(総4)が優勝を果たした。堤は前半から積極的な泳ぎを見せ「オフ明けから練習してきた中、ベストが出せた」と笑顔を見せた。また、日本選手権400m自由形では瀧口陽平(法4)が優勝。予選は18位だったが、外国人選手は出場できないため繰り上げで決勝に駒を進めた。「せっかくチャンスをもらったので、端っこ(1コース)からやってやろう」と気合いを入れてのレースだった。

   ワールドカップ決勝では、海外の強豪選手を相手に50m自由形で新山政樹(総3)が6位に入賞するなど奮闘。「1年に1回のイベント」(黒木満佐子・文3)と言う200m混合リレーでは、表彰台まであと0.18秒に迫る4位に入った。

   今回の大会に出場していない選手は「大学でレース形式の練習に臨んだ」(金井佑馬・法3)という。チーム力を新たにし、冬場の泳ぎこみの時期を迎える。
種目別結果
◆予選
400m個人メドレー   ⑭手塚祐樹(総2)4分15秒25
(タイム決勝)         22位砂間敬太(法1)4分18秒21
                             23位宇都宮壱基(法1)4分18秒34
                             29位金井佑馬(法3)4分21秒35

100m自由形 30位大本鷹志(経2)50秒03

200m自由形 ⑧瀧口真帆(法2)1分57秒69   ワールドカップ決勝進出

50m平泳ぎ ⑤新山政樹(総3)27秒12 ワールドカップ決勝進出

100mバタフライ ⑲黒木満佐子(文3)59秒88 日本選手権決勝進出

100m背泳ぎ ⑪岩田哲也(総2)52秒55 日本選手権決勝進出

200mバタフライ ⑪堤貴大(総4)1分56秒08 日本選手権決勝進出
                          26位深澤康平(経1)1分57秒59

200m個人メドレー ⑱岩嵜有加里(総3)2分12秒86 日本選手権決勝進出

400m自由形 ⑮佐藤祐斗(法1)3分48秒65 日本選手権決勝進出
                    ⑱瀧口陽平(法4)3分49秒82 日本選手権決勝進出
                    22位池永旬輝(総1)3分50秒74

200m平泳ぎ ⑩新山   2分08秒16 日本選手権決勝進出
                    ⑯金井   2分09秒51 日本選手権決勝進出
                    21位新谷一総(総1)2分10秒22
                    29位宇都宮   2分12秒59
                    30位赤井晨(文1)2分13秒08

100m個人メドレー ⑧砂間   53秒53 ワールドカップ決勝進出
                             43位宇都宮   58秒20

50mバタフライ 31位田上勇気(経2)24秒30

200m混合リレー ③中大 1分42秒19(1泳から順に岩田、新山、黒木、瀧口真) ワールドカップ決勝進出

◆日本選手権決勝
100mバタフライ ④黒木   59秒22

100m背泳ぎ ②岩田   52秒67

200mバタフライ ①堤   1分55秒69

200m個人メドレー ④岩嵜   2分12秒44

400m自由形 ①瀧口陽   3分45秒10
                    ⑤佐藤   3分49秒66

200m平泳ぎ決勝 ③金井   2分09秒44
                          ⑧新山   2分12秒35

◆ワールドカップ決勝
200m自由形決勝 ⑧瀧口真   1分56秒93

50m平泳ぎ決勝 ⑥新山   27秒02

100m個人メドレー ⑧砂間   53秒93

200m混合リレー ④中大 1分42秒49(1泳から順に岩田、新山、黒木、瀧口真)


写真・記事:「中大スポーツ」新聞部