水泳部ニュース

2014年06月22日

水泳部(競泳) ジャパンオープン20144日目

今大会初の表彰台
6月22日 東京辰巳国際水泳場
 大会最終日、800m自由形タイム決勝で佐藤祐斗(法2)、瀧口陽平(法4)が表彰台を勝ち取った。1位は山本耕平(ミズノ)。日本選手権と同じ顔ぶれがそろった。「表彰台には上がれたが自分も佐藤もここでは終われない」と瀧口。さらなる好タイムを目指す。日本選手権より一つ順位を上げた佐藤は「インカレでは、ジャパンオープンでできなかったことを果たす。チームで天皇杯奪還を目指したい」と今後の抱負を語った。この日の競技で唯一決勝に残った砂間敬太(法1)は、200m背泳ぎで「前半飛ばして、ばててしまった」と6位。狙っていた表彰台には届かなかったものの、インカレは「キレキレでいく」と決意を込めた。
   4日間にわたって行われたジャパンオープン。「自己ベストを更新する選手が多く、チームもいい雰囲気」(内田仁主将・法4)だったという。表彰者も出て、最後にいい形で閉幕となった。今大会での収穫を日大との対抗戦、インカレで見たい。
種目別結果

◆予選
50m自由形 女子 ⑱瀧口真帆(法2)26秒57
       男子 21位佐藤俊也(法2)23秒48
          31位西井良(法3)23秒58
          54位大本鷹志(経2)24秒02
                         56位小形純平(法1)24秒13

200m背泳ぎ ⑤砂間1分59秒83(決勝進出)
                    23位岩田哲也(総2)2分03秒63

100mバタフライ 女子 21位黒木満佐子(文3)1分01秒36
             41位瀧口1分02秒57

100mバタフライ 男子 23位神野雄司(経3)54秒03
             27位中曽根巧也(経3)54秒32
                                31位田上勇気(経2)54秒50

200m平泳ぎ ⑮金井佑馬(法3)2分12秒56(B決勝進出)
                    33位宇都宮壱基(法1)2分14秒77
                    46位新山政樹(総3)2分15秒89
                    61位赤井晨(文1)2分17秒33
                    90位内田主将2分19秒82

◆B決勝
200m平泳ぎB決勝 ⑥金井2分12秒32

◆決勝
800m自由形タイム決勝 ②佐藤7分57秒14
              ③瀧口7分58秒66
                                   ⑭岡晋太郎(法4)8分10秒88
                                   33位平野誠(文2)8分22秒31

200m背泳ぎ決勝 ⑥砂間2分00秒93


記事・写真:「中大スポーツ」新聞部