水泳部ニュース

2014年04月13日

水泳部(競泳) 第90回日本選手権水泳競技大会4日目

日本選手権閉幕 インカレへの収穫大きく
2014年 4月13日
 日本選手権水泳競技大会は13日、最終日の競技が行なわれ、800m自由形で瀧口陽平(法4)と佐藤祐斗(法2)が表彰台に上った。また、この春中大を卒業した塩浦慎理氏(イトマン東進)が50m自由形で21秒88と日本新記録を樹立した。

 1位を狙っていたという佐藤。400m自由形の競技後800mへの不安を抱いていたが、前半から攻め堂々の3位。「強い選手は皆桁外れの力を持っている。勝つためには規格外の強さを手に入れるしかない」。2位の瀧口はラスト50mで佐藤と順位を入れ替えた。「泳ぎに関しては改善の余地がある。今は技術で追い付かなくても気持ちの面で決して負けないよう」。入賞という結果に満足することなく先を見る。

 50m自由形の競技では塩浦氏が出場。21秒台を出すと宣言していただけに、中大チームもかたずを飲んで見守った。スタートは0秒70と他の選手より遅かったが「力まずに泳げた」。自身の持つ22秒02の記録を塗り替え21秒88でゴール。「OBとして中大チームを勢いづける、これが自分の存在意義。プラスにならなければ意味が無い」。大記録の達成は現役部員にとっていい刺激となったのではないか。「尊敬する先輩。同じ環境で練習しているだけに嬉しい反面、悔しい気持ちもある」(砂間敬太・法1)。

 4日間に渡った今大会。中大からは24名がエントリーし、うち5名の出場となった新入生も2名が決勝、B決勝に残る活躍を見せた。次につながる大会だったという実感を持つ選手も多く、6月のジャパン・オープン2014、9月インカレに向け大きな収穫となったようだ。「今大会は自己ベストの更新率が高かった。ただ、中には納得のいく泳ぎをできなかった者もいると思う。これを機にインカレへ向け調整していけたら」(内田仁主将・法4)。
種目別結果
◆予選

50m自由形 男子  ⑨内田主将  22秒98(B決勝進出)
                          32位西井良(法3)23秒63

200m背泳ぎ 男子  ⑦砂間  1分59秒33(決勝進出)
                            21位岩田哲也(総2)2分03秒29

100mバタフライ 女子  ⑯黒木満佐子(文3)1分01秒22(B決勝進出)

100mバタフライ 男子  ⑭神野雄司(経4)53秒55(B決勝進出)
                                  42位田上勇気(経2)54秒96

200m平泳ぎ 男子  ⑮金井佑馬(法3)2分12秒79(B決勝進出)
                            ⑰新谷一総(総1)2分13秒25
                            31位宇都宮壱基(法1)2分15秒09
                            33位新山政樹(総3)2分15秒61
                            37位赤井晨(文1)2分16秒13

800m自由形のゴール後、健闘をたたえあう佐藤(写真左)と瀧口

800m自由形 男子  ②瀧口  7分56秒49
                          ③佐藤  7分56秒96
                          ⑯岡晋太郎(経4)8分16秒37
                          ⑱平野誠(文2)8分18秒48
                          22位池永旬輝(総1)8分20秒43
※800m自由形はタイム決勝

50m自由形B決勝のレース後に笑顔を見せる内田主将

◆決勝・B決勝進出者の総合順位
50m自由形 男子 ⑨内田主将  22秒71

100mバタフライ 女子 ⑭黒木  1分01秒13
                          男子 ⑩神野  53秒20

200m平泳ぎ 男子 ⑬金井  2分12秒94

200m背泳ぎ 男子 ⑦砂間  1分58秒87

 

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部