女子陸上競技部ニュース

2017年09月27日

女子陸上競技部・関東大学女子駅伝対校選手権大会

9月24日 印西市千葉ニュータウン周回コース

本選出場決定!!

 

 「チームの雰囲気は最高」(五島莉乃・経2)だという6人の総合力で9位。全国大会出場権をギリギリでつかみ取った。

 

▲五島

 

 3年連続1区を走った市村萌捺美(経4)。「3年間の中では一番良かったが、自分が良い流れを作れなかった」と9位で2区に襷を繋いだ。  10月末に仙台で行われる杜の都駅伝本選出場権獲得ラインは、9位まで。安定した走りを見せる中大だったがなかなか順位を上げられず、出場権ボーダーの9位のまま最終区6区へ突入した。

 

 「絶対全日本(杜の都駅伝)に出場したかった」(五島)という気持ちと、持ち味の前半から攻める姿勢で五島は区間3位の快走を見せた。だがひとつ前を走る玉川大の背中は遠く、最後まで順位を上げることはできずに9位でフィニッシュした。

 

 全日本大学女子駅伝まで約1カ月。中大が見据えるのは、全26チームが出場するうちシード圏内の8位だ。また、12位までに入れば12月30日に行われる富士山女子駅伝の出場権も獲得できる。

 

 「全日本は今大会より距離が伸びる。しっかり脚をつくって大会に臨みたい」(市村)。「4年生と富士山駅伝を走りたい。ラストスパートで競り勝てる力をこの1カ月で強化する」(五島)。

 

 去年の全日本大学女子駅伝は16位だった中大。去年の経験を生かしてどんな走りを見せてくれるのか楽しみだ。

 

◆大会結果

①東洋大②東農大③日体大⑨中大

 

◆個人成績

1区⑨市村萌捺美(経4)15分07秒

2区⑨丹羽七海(文4)14分47秒

3区⑨太田優紀(文4)11分11秒

4区⑩木下友梨菜(経2)19分34秒

5区⑪古田朱里(経1)16分47秒

6区③五島莉乃(経2)25分16秒

 

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部