女子陸上競技部ニュース

2017年06月05日

女子陸上競技部・関東学生陸上競技対校選手権大会

5月25日~28日 日産スタジアム(小机)

 

5月25日  

初日から爆発! 期待の大型ルーキー諸田、優勝!

 

 炎天下の中行われた関カレは初日から優勝、準優勝者が生まれた。 中大女子陸上競技部歴史史上いただろうか。棒高跳に出場したルーキー諸田実咲(法1)が優勝を果たした。ほとんどの選手が3m50からスタートするのに対し、諸田は3m60まで待った。一回目でクリアしたが、次の70で思わぬブレーキ、3回目の試技で何とか通過した。そこからは順調に10㎝ずつ上げていき、迎えた大台の4m00。成功すれば大会タイ記録というところで、一回目で成功し左手で大きくガッツポーズをしてみせた。まだまだゆとりもあり、大会記録更新、関東学生記録の更新も期待されたが、次の4m11は3回とも赤旗に終わった。

 入学前からテレビや陸上雑誌で多く取り上げられてきた諸田。多くの期待を背負った、中大女子陸上競技部ニューヒロインから目が離せない。

 

▲優勝した諸田(中央)

 

▲朝妻主将

 

 また走幅跳決勝では朝妻優萌主将(商4)が2位に入った。昨年同大会では4位入賞と表彰台まであと一歩届かなかった。

 朝妻主将は去年の全カレからけがが続き、跳ぶ練習は数か月前まで封印していた。その間気を付けて練習していたのは走幅跳の「走」りの部分だ。「ストライドを大きくするために、自分の足の付け根が腰ではなくて、おへそぐらいにあると意識した」(朝妻主将)。結果自己ベスト6m00を4㎝上回る6m04でフィニッシュ。けがから完全復活し、十分な練習を積めば、まだまだ記録に期待できる。

 

◆1日目結果

1500m予選

1組②五島莉乃(経2)4分31秒24

2組②市村萌捺美(経4)4分28秒75

  ⑤丹羽七海(文4)4分29秒76

決勝

⑤五島4分28秒32

⑧市村4分29秒10

⑪丹羽4分32秒47

 

100m予選

1組⑦落井優華(文3)12秒54

3組①星野楓(文3)12秒09

4組③大石沙南(文2)12秒28

 

100mH予選 

1組⑥川島卯未(文1)14秒97

4組①ヘンプヒル恵(文3)13秒66

5組①大久保有梨(商3)13秒86

準決勝 

1組①恵13秒72

2組③大久保13秒87

 

400m予選 

1組⑤三輪ダリヤ(文1)57秒85

2組④福嶋美幸(文3)56秒79

4組①岩田優奈(法2)55秒99

 

4×100m予選

2組①中大(大石→岩田→福嶋→星野)45秒72

 

棒高跳決勝

①諸田実咲(法1)4m00

→大会タイ記録で初優勝!

 

走幅跳決勝

②朝妻優萌主将(商4)6m04

⑤恵5m93

⑭星野5m76

 

 

5月26日 岩田盤石! 400m二連覇!!

 

 二連覇達成だ。岩田優奈(法2)は400mで他の追随を許さない圧倒的な走りで優勝した。

 200m付近で先頭に立つと、予選全体1位通過の筑波大松本を振り切って直線へ。苦しそうに少し表情をゆがめたが、後ろからの追い上げを許さなかった。ゴール後もほっと一息をつき、レーンに一礼をし、退場。早くも女王の貫録を感じさせられた。

 また100mH決勝では明日からの七種競技の大本命、ヘンプヒル恵(文3)が2着でゴールした。七種競技の中でも恵が平均的に最も点数を稼ぐのは100mH。明日からの七種競技が楽しみだ。

 

◆2日目結果

100m準決勝

1組②星野楓(文3)12秒07

2組⑧大石沙南(文2)12秒33

決 勝

⑤星野11秒87

 

100mH準決勝

1組①ヘンプヒル恵(文3)13秒72

2組③大久保有梨(商3)13秒87

決 勝

②恵13秒53

⑤大久保13秒74

 

400m準決勝

1組⑦福嶋美幸(文3)56秒71

2組①岩田優奈(法2)55秒42

決 勝

①岩田54秒36

 

3000mSC予選

1組①丹羽七海(文4)10分42秒04

2組⑤木下友梨菜(経2)10分59秒80

 

10000mW決勝 

⑩古田朱里(経1)52分30秒54

⑮臼井優(文1)58分30秒73

 

10000m決勝

⑦五島莉乃(経2)33分27秒19
⑮市村萌捺美(経4)35分01秒15

DNS木下(DNS:欠場)

 

4×100m決勝 

④中大(大石→岩田→福嶋→星野)45秒90

→わずか0.01秒差で表彰台に届かず

 

やり投決勝   

⑲古川杏奈(文1)42m31

DNS:恵、平岡麻由美(文3)(DNS:欠場)

 

走高跳決勝   

④恵1m70

 

 

5月27日 好調の出だし! 七種競技勢 視界良好! トラックでは丹羽七海が2位入賞!!

 

▲七種競技200mを走る左から藤沼、山田、恵

 

▲七種競技の砲丸投の恵

 

 七種競技勢は好調な滑り出しを見せた。特に昨年の日本選手権混成競技に出場したヘンプヒル恵(文3)、藤沼朱音(法4)はそれぞれ1日目終了時点を50点、112点(藤沼の日本選手権記録は100mHと200mで追風参考記録)上回っている。恵は自身の持つ日本学生記録(5882点)の更新と5962点の日本記録(中田有紀・現日本保育サービス)更新が期待される。

 

▲バトンパスをする三輪(左)と岩田  

 

 また4×400mリレー(マイル)予選には第三走に三輪ダリヤ(文1)が出走。「バトンをもらったとき、前に二人いて。必ず抜かさないといけないと思った」(三輪)。四走岩田へのバトンパスする時点で一位に浮上。昨日400m決勝で二連覇を達成した女王は、後続をものともしなかった。全体3位で明日の決勝へ臨む。

 3000mSCでは丹羽七海(文4)が2位に入賞した。一年次から決勝のレースは走ってきたが、昨年度は5位と満足のいく結果を出せなかった。まだまだ不本意な結果かもしれないが、表彰式での笑顔は本物だったはずだ。

▲3000mSCを走る丹羽 

 

▲表彰式で笑顔を向ける丹羽(左)

 

◆3日目結果

七種競技100mH

2組②山田夏葵(文2)14秒84(863点)

3組①ヘンプヒル恵(文3)13秒71(1020点)

  ②藤沼朱音(法4)14秒38(925点)

 

七種走高跳 

1組⑥山田1m45(1429点)

2組②恵1m69(1862点)

  ⑧藤沼1m55(1603点)

 

七種 砲丸投

①恵 11m86(2514点)

⑤山田 10m92 (2019点)

⑦藤沼 10m42 (2160点)

 

七種 200m 

3組①恵 24秒90(3410点)

  ②藤沼25秒22(3027点)

  ④山田25秒67(2845点)

 

1日目終了時点

①恵 3410点

④藤沼 3027点

⑧山田 2845点

→恵は昨年日本学生記録(5882点)を出した1日目終了時点より、50点上回るペース。大会記録は自身の持つ5577点

 

800m予選  

1組③萩原愛理(文3)2分12秒71

3組⑦齋藤菜月(経1)2分18秒59

4組④出水楓(商2)2分14秒06

準 決 勝

1組⑧萩原2分21秒35

2組⑥出水2分15秒04

 

400mH予選

2組①荒島夕理(文2)1分01秒63

4組③大久保有梨(商3)1分00秒91

 

200m予選

2組①岩田優奈 (法2)24秒63

3組②星野楓(文3)24秒50

5組①福嶋美幸(文3)24秒49

 

3000mSC決勝

②丹羽七海(文4)10分29秒70

⑪木下友梨菜(経2)10分56秒98

 

4×400m予選

1組①中大(福嶋→星野→三輪ダリヤ・文1→岩田)3分45秒71

 

三段跳決勝

⑪朝妻優萌主将(商4)12m10

⑰風巻七海(文4)11m67

 

ハンマー投決勝 

⑫阿久津実夏(文2)47m23

㉑晴山江梨花(文4)40m28

 

 

5月28日 七種競技 出場全員入賞!! 恵は大会記録を更新!

 

 関カレ最終日。七種競技は大本命ヘンプヒル恵(文3)の日本記録更新に期待が懸かったが、大会記録更新に留めた。

 走幅跳では大会初日に5位入賞した記録に及ばず、恵は本来の力が出せなかった。続くやり投も日本学生記録を更新した、昨年の日本選手権で出した自己ベスト(47m84)に後れを取る43m台と伸び悩み、最終800mでは組6着と大きく後退した。

 恵は6月10、11日に日本選手権を控えている。照準を合わせて、また練習に励む。

 

▲七種競技最終800mを走る恵

 

 また予選を2位で通過した4×400m(マイル)決勝。予選メンバーを星野から恵へ替え挑んだ。1走、2走で6位につき、バトンパスで4位にまで上がると、最後は昨日の400m優勝者岩田優奈(法2)に託された。前には日体大、青学大、筑波大がいたが、半周をしたところで青学大、筑波大をとらえる。ぴたりと背後についたまま、残り50m、余力を残していたのか一気に2校を抜き去った。1位日体大とは2秒近くの差をつけられたものの、昨年5位の無念を晴らした。

 

▲4×400m決勝メンバー

 

◆4日目結果

七種競技 走幅跳

1組①ヘンプヒル恵 (文3)5m74(4181点)

  ⑥藤沼 朱音(法4)5m32(3675点)

2組⑨山田夏葵(文2)5m05(3418点)

 

七種 やり投

⑤恵43m05(4907点)

⑪山田35m14(3992点)

⑳藤沼30m75(4166点)

 

七種最終 800m 

2組①山田2分18秒34 (4838点)

3組①藤沼2分19秒30 (4949点)

  ⑥恵2分27秒56(5631点)

 

七種競技 最終結果

①恵5631点

⑤藤沼4999点

⑧山田4838点

→中大勢全員入賞を果たす! 恵は大会記録更新し、優勝!

 

400mH 準決勝

1組⑧荒島夕理(文2)1分03秒17

2組⑦大久保有梨(商3)1分04秒90

 

200m準決勝 

1組⑥福嶋美幸(文3)24秒79

2組③星野楓(文3)24秒59

④岩田優奈(法2)24秒63

決勝   

④岩田24秒55

⑧星野24秒78

 

5000m 決勝

③五島 莉乃(経2)15分57秒78

 

砲丸投決勝   

⑥晴山江梨花(文4)13m65

 

4×400m決勝  

②中大(福嶋→三輪ダリヤ・文1→恵→岩田)3分39秒89

 

◆大会結果

女子1部総合の部:①日体大②筑波大③中大

女子1部トラックの部:①日体大②中大③慶大

女子1部フィールドの部:①筑波大②国士大③中大

女子1部多種目優勝校:①日体大②中大③筑波大

 

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部