女子陸上競技部ニュース

2016年09月07日

女子陸上競技部・第85回日本学生陸上競技対校選手権大会2日目

9月3日 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

マイル、予選1位で明日の決勝へ進出!!

▲4×400mR予選での3、4走者間のバトンパス(写真奥:福島美幸・文2  手前:岩田)

 昨日に引き続き強い日差しが照りつけた、インカレ二日目。ヘンプヒル恵(文2)は昨年のインカレ覇者として、七種競技に登場した。一日目終了時点で、一位と50点差の二位につけ、明日に望みをかけた。また4×400mRでは昨日の400mで見事準優勝を果たした岩田優奈(文1)がアンカーに。予選を全体のトップで通過し、明日の決勝レースに弾みをつけた。

▲七種競技200mでゴールする恵

 出だしは好調だった。恵は七種競技の中でも最初の種目100mHを得意とし、まず初めに1011点を出す。しかし、後が続かない。走高跳、砲丸投と、無難にこなしたが、6月の日本選手権でたたき出した日本歴代2位の記録から遠のいてしまう。それでも大きな崩れ方をしないのが恵の強みだ。一日目終了時点で一位とは50点差。十分挽回が可能な位置につけている。インカレ連覇へ向けて、明日の後半種目に期待が懸かる。  また花形種目のマイルには400mの準優勝者である岩田がエントリー。4走の岩田がバトンを受けた時点で4位と、緊張が走ったものの、最終コーナー手前で二位に浮上。最後の直線に差し掛かるところで前を走る選手を抜くと、そこからは体一つ分の差を埋められることなく、逃げ切った。実はマイルは昨年のインカレで、0,01秒差を埋められずに予選敗退を喫した種目でもある。まず予選は通過した。明日の決勝レースが楽しみだ。

◆大会結果 七種競技

** 100mH**

1組②豊田梓(文4)14秒92(875点)

2組②藤沼朱音(法3)14秒67(886点)

3組①ヘンプヒル恵(文2)13秒77(1011点)

走高跳

1組③豊田1m60(736点)

2組④恵1m66(806点)

⑥藤沼1m60(736点)

砲丸投

④恵10m80(582点)

11位藤沼9m89(522点)

14位豊田9m47(495点)

200m

3組②恵25秒49(842点)

③藤沼25秒85(810点)

④豊田26秒03(795点)

一日目終了時点

②恵3241点

④藤沼2953点

⑩豊田2878点

100mH予選

3組⑤川村涼伽(文4)14秒27

5組④恵13秒93

6組②大久保有梨(商2)13秒79

200m予選

7組⑤岩田優奈(法1)25秒20

800m予選

3組④出水楓(商1)2分10秒29

4組④萩原愛理(文2)2分11秒93

準決勝

2組⑤出水2分11秒06

400mH予選

2組⑤山田夏葵(文1)1分00秒85

3組②宮崎紗希(文4)1分00秒63

4組⑦荒島夕理(文1)1分02秒15

3000mSC予選

1組15位関根千智(文4)11分40秒96

2組④西村真実(商4)10分31秒79

⑦丹羽七海(商3)10分36秒71

4×400mR予選

4組①中大(宮崎→阿部彩香・文4→山田→岩田)3分42秒49

三段跳決勝

19位風巻七海(文3)12m02

20位朝妻優萌(商3)11m99

DNS藤沼

砲丸投予選

21位晴山江梨香(文3)12m77

やり投げ予選

12位髙橋唯(文4)49m59

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部