女子陸上競技部ニュース

2015年09月14日

女子陸上競技部 日本学生陸上競技対校選手権大会 2日目

9月12日 ヤンマースタジアム長居

4×400mリレーアンカー新宅、怒涛の追い上げも叶わず予選落ち

最終コーナーから追い上げ、1位とほぼ同時にゴールした新宅

  昨日に引き続き晴天の中行われたインカレ2日目。中大女子陸上期待の七種競技も今日スタートした。 本日の1種目め100mHには川村涼伽(文3)、宮崎紗季(文3)そして七種競技にも出場するヘンプヒル恵(文1)が出場。 3人共に14秒台前半をマークし明日の準決勝に進出。明日の健闘が期待される。  跳躍競技、三段跳には中大から風巻七海(文2)が登場。最初の試技で赤旗が上がり、記録にはならなかったが2回目で11m54を記録。3回目が期待されたがこれも惜しくも赤旗。全体20位で競技を終えた。

 中大のエース、新宅麻未(商4)が200m予選に登場。レース序盤他の選手に食らいついていくも、後半徐々に差が開いた。結果は5着と準決勝に進めず、昨日の400m8位の雪辱を晴らすことはできなかった。

 午後1番に行われた400mHには羽鳥玲奈(法4)、宮崎紗希(文3)の2名が出場。羽鳥は七種競技に出場する合間を縫って走った。羽鳥8位、宮崎は組内4着の健闘虚しく予選落ちした。

 3000m障害予選には大塚菜穂(文4)、関根千智(文3)、丹羽七海(文2)が出場した。大塚は1位集団についていき、最後の1周を迎える。しかし集団のペースアップに後れを取り、5位でフィニッシュした。明日の決勝での巻き返しを狙う。

 砲丸投予選に柴沼千晴主将(文4)、樋川仁子(商4)の2名が登場。柴沼は主将として最後の大会だった。結果は20位と惜しくも記録を残すことはできなかった。

 そして本日のメイン競技、七種競技に羽鳥玲奈(法4)、藤沼朱音(法2)、そしてジュニア日本記録保持者の恵が出場した。恵は大会記録更新が予想され、1日目を3181点で折り返した。明日の残り3種目でさらなる飛躍が期待される。

▲七種競技1種目、得意の100mHに出場した恵

 2日目最後に行われたのは4×400mリレー予選。第一走者は阿部彩香(文3)が務め、スタートダッシュを決める。第二走者には川村が登場。次年度には短距離を引っ張るであろう存在が当種目でも炸裂し、上位のまま第三走者の宮崎へ。宮崎は上位集団に食らいつこうと力走し、3位でアンカー新宅に託す。新宅は、大差を少しずつ縮めると最終コーナーから一気にラストスパートをかけ、ゴールラインを1位の鹿屋体大とほぼ同時にフィニッシュ。結果は惜しくも0.01秒差で予選敗退。しかし会場中が興奮に湧いた瞬間となった。新宅はこの種目が最後のインカレでのラストランとなった。

 明日はいよいよ最終日。七種競技では恵の大会記録更新に期待がかかる。

◆大会結果

七種競技100mH

1組①恵 13秒99

2組➂藤沼 14秒61

3組②羽鳥 15秒05

100mH予選

3組➂川村 14秒19

4組➂宮崎 14秒24

5組②恵 14秒03

砲丸投予選

⑯柴沼主将 12m87

㉑樋川 12m34

200m予選

1組⑤新宅 25秒42

800m予選

2組⑦萩原愛理(文1)2分12秒93

4組⑤山本瑞(法4)2分13秒96

三段跳決勝

⑳風巻 11m74

七種競技走高跳

1組⑤恵 1m63

   ⑩藤沼 1m55

2組⑫羽鳥 1m45

400mH予選

1組⑧羽鳥 1分03秒51

4組➂宮崎 59秒93

やり投予選

⑱髙橋唯(文3)48m44

㉛平岡麻由美(文1)44m00

4×400mリレー予選

2組②中大(阿部→川村→宮崎→新宅)3分48秒18

3000mSC予選

1組⑥丹羽 10分45秒95

2組⑤大塚 10分24秒47

   ⑫関根 11分17秒29

七種競技砲丸投

⑤恵 10m89

⑮羽鳥 9m67

㉓藤沼 9m03

七種競技200m

3組⑤恵 25秒49

   ⑥藤沼 25秒53

     ⑦羽鳥 25秒84

七種競技総合 一日目終了時点

①恵 3181点

⑩藤沼 2877点

⑱羽鳥 2720点

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部