女子陸上競技部ニュース

2015年05月16日

女子陸上競技部 関東学生陸上競技対校選手権大会2日目

5月15日 日産スタジアム

100mHで中大ワンツーフィニッシュ!400mで新宅笑顔の優勝

 強い日差しの下で行なわれた2日目。100mHではヘンプヒル恵(文1)が初優勝、川村涼伽(文3)が2位。400mでは新宅麻未(商4)が4年間で個人初となる悲願の優勝を果たした。

 100mH準決勝に出場したのは恵、川村、宮崎紗希(文3)が出場し全員が決勝に進む。 決勝では、恵はスタートでやや出遅れたものの、5台目を越えたところで逆転。粘り強さを発揮した。川村は安定したレースで恵に食らい付き、個人初となる2位となった。

▲表彰台で笑顔を見せる川村(左)と恵(中央)

 400m準決勝では新宅と羽鳥玲奈(法4)が出場。新宅は1位で準決勝を通過。羽鳥も3位で両者とも決勝へ。決勝では新宅は中盤からスパートを掛け、トラックを駆け抜けた。新宅は羽鳥のゴールを見守り、抱擁を交わし互いの健闘を称えた。

▲副将としてチームを盛り上げ、悲願の優勝をつかんだ新宅

 投てき種目のやり投げでは平岡麻由美(文1)、高橋唯(文3)、羽鳥が出場。高橋がトップ8に残り最終的に5位入賞を果たした。

 女子1500m決勝には丹羽七海(文2)が出場。なかなか上位集団についていけず11位。また、10000m決勝に出場した西村真美(商3)も厳しいレース展開に。スタートは良かったものの、こちらも上位集団に突き放され、25位という、長距離勢は悔しい結果となった。

 16日からついに七種競技が始まる。先日の日本選抜和歌山大会で日本歴代3位の5678点で大会記録、日本ジュニア記録を更新し初優勝を果たした恵が出場。記録更新の期待が高まる。

◆大会結果

100mH準決勝

1組①恵 13秒65   ③宮崎 13秒91

2組①川村 13秒94

400m準決勝

1組①新宅 54秒53

2組③羽鳥 56秒01

100mH決勝

①恵 13秒73

②川村 13秒92

④宮崎 14秒02

400m決勝

①新宅 54秒06

⑥羽鳥 56秒30

やり投決勝

⑤高橋 50m89 15

平岡 42m83 20

羽鳥 40m93

1500m決勝

⑪丹羽 4分35秒75

10000m決勝

25西村 38分25秒93

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部