女子陸上競技部ニュース

2015年05月15日

女子陸上競技部 関東学生陸上競技対校選手権大会1日目

5月14日・日産スタジアム

今年も開幕!関カレ初日は悔しさが残る1日に。

 本日から日産スタジアムで行われている関東インカレ。関東の学生日本一の座を手にするため、選手たちが奮闘した。

 初日の今日は、ほとんどの種目で予選が行われた。最初に行われた400mの予選には羽鳥玲奈(法4)、新宅麻未(商4)、阿部彩香(文3)の3人が出場した。昨年度に引き続きチームを引っ張る羽鳥と新宅はそれぞれ55秒71と54秒71をマークし明日の準決勝へ駒を進めている。

 フィールドでは円盤投決勝が行われ、柴沼千晴主将(文4)と樋川仁子(文4)が出場。樋川は37m67で12位に留まるが、柴沼主将は3回の試技を終えた時点で43m19を記録し、トップ8に進出。さらに3回の試技を行うが、記録を伸ばすことができず6位に終わった。

 さらに100mH予選には今年大注目のヘンプヒル恵(文1)が出場。予選を13秒72で通過し、笑顔を見せた。また、宮崎紗希(文3)と川村涼伽(文3)も出場し、両者ともヘンプヒルと同じく明日の準決勝に出場する。その後行われた100m予選にはフレッシュな1年生が2名出場。星野楓(文1)と落井優華(文1)がそれぞれ12秒25と12秒41をマーク。惜しくも準決勝進出はならなかったが、元気な走りを見せた。

 1500m予選には丹羽七海(文2)、関根千智(文3)、大塚菜穂(文4)の3名が出場。丹羽は4分31秒94で決勝進出を決めている。さらに走幅跳決勝ではヘンプヒル恵(文1)、朝妻優萌(商2)の他に風巻七海(文2)も出場。風巻は力強い跳躍を見せたが3回の試技を終えた時点で5m56の19位。惜しくもトップ8進出はならなかった。ヘンプヒルと朝妻はともに4回以降の試技へと進めた。ヘンプヒルは2回目の試技で5m96をマークしたが、3位にあと5cm足りず4位に終わり、表彰台を逃した。朝妻も5m83から記録を伸ばせず8位に終わった。

 この日最後に行われたのは4×100mリレー。中大は1走に川村、2走に星野、3走に小柳結莉(文4)、そして4走に新宅のオーダーで挑んだ。しかし走者の間のバトンパスが思い通りにいかず、スピードが落ちてしまう。判定でテークオーバーゾーン内でのバトンパスが行われなかったと判断され、失格に終わってしまった。

 リレーが悔しい結果に終わってしまっただけに悔いが残った一日となったが、それでもほとんどの種目で翌日以降の準決勝進出につなげている。落ち込む暇はなく、明日からもたくさんの種目が行われる。昨年度と変化し成長した中大女子陸上部の活躍に期待だ。

◆大会結果

400m予選 
2組①羽鳥 55秒71
3組①新宅 54秒71

100mH予選
1組①ヘンプヒル 13秒72
2組③宮崎 14秒42
4組①川村 13秒83

100m予選
2組④星野 12秒25
3組⑥落井 12秒41

円盤投決勝
⑥柴沼主将 43m19
⑫樋川 37m67

1500m予選
1組⑤丹羽 4分31秒94
2組⑤関根 4分33秒65
3組⑩大塚 4分45秒83

走幅跳決勝
④ヘンプヒル 5m96
⑧朝妻 5m83
⑲風巻 5m56

4×100mリレー予選
1組DQ中大(川村→星野→小柳→新宅) 

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部