女子陸上競技部ニュース

2014年09月06日

女子陸上競技部 日本学生陸上競技対校選手権大会(1日目)

400mで8位入賞した新宅

9月5日 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
2種目で入賞果たすも表彰台には届かず

 肌にまとわりつくような暑さのなか行なわれた大会1日目。最初に行なわれた競技は七種競技100mH。1組には藤沼朱音(法1)、2組には関カレ準優勝の羽鳥玲奈(法3)が出場。藤沼は15秒32で800点、羽鳥は15秒17で819点を獲得した。
 400m予選では3組に新宅麻未(商3)が出場。2着で決勝では8位。表彰台を逃した。
 七種競技の走高跳では1組の藤沼が1m55で678点、2組の羽鳥が1m40で512点を獲得した。
 一方トラックでは1500m予選が行なわれ、2組には個人選手権で3位だった市村萌㮈美(経1)が出場。先頭集団に食らいつくもラスト1周で追い付けず9着。予選敗退となった。

やり投決勝で8位入賞した高橋

 やり投では関カレ2位の高橋唯(文2)が出場。トップ8に残るも51m82で8位。こちらも表彰台には届かなかった。
 七種競技砲丸投では藤沼が8m90で458点、羽鳥が9m43で492点を獲得。続く200mでは藤沼が25秒93で803点、羽鳥が25秒95で802点を獲得した。
 4×100mリレーでは淺野えりな(文4)、川村涼伽(文2)、中澤まいこ(法4)、新宅のオーダーで挑むも、6着で予選敗退。
 最後は10000m決勝。斉藤里佳(文3)はスタートで出遅れ、集団に追いつけない。2周遅れになってしまい最終順位29位に終わり、篠塚麻衣(商4)は先頭集団になんとか食らいつこうとするも5周を終え徐々にペースダウン。思うような走りができず28位に終わった。
 2日目には走高跳や4×400mリレー予選が行なわれる。関カレでは叶わなかった優勝を狙いたい。

◆大会結果◆
七種競技100mH
1組④藤沼 15秒32(800点)
2組④羽鳥 15秒17(819点)
400m予選
②新宅 55秒60
1500m予選
2組⑨市村 4分37秒30
400m決勝
⑧新宅 56秒15
七種競技走高跳
1組⑩藤沼 1m55(678点)
2組⑦羽鳥 1m40(512点)
やり投決勝
⑧高橋 51m82
七種競技砲丸投
⑮羽鳥 9m43(492点)
⑳藤沼 8m90(458点)
七種競技200m
1組④羽鳥 25秒95(802点)
2組②藤沼 25秒93(803点)
4×100mリレー予選
⑥中大(淺野、川村、中澤、新宅) 47秒36
10000m決勝
28篠塚 36分54秒95
29斉藤 38分30秒29

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部