女子陸上競技部ニュース

2014年06月23日

女子陸上競技部 日本学生陸上競技個人選手権大会3日目

6月22日 
shonan BMWスタジアム平塚
菅沼、走高跳3位!丹羽、3000mSC3位!

最終日の今日は、雨というコンディションの中で行われた。
 

なめらかにバーを越える菅沼

 まず朝一番に800m予選と円盤投決勝が行われた。800m予選では山本瑞(法3)が4組で出場した。5名のDNSにより3名でのスタートとなった。山本は序盤から1位をキープし予選通過を果たした。円盤投決勝は2名が出場した。樋川仁子(商3)は41m00で11位、柴沼千晴(文3)は40m38で14位。共に決勝へは進めなかった。

 走高跳決勝では菅沼美咲(文3)が出場した。1m69までの跳躍を全て1回で成功。1m73はクリアできなかったが見事3位となった。

 400mH決勝では絹川友梨(文4)が出場した。中盤から先頭との差が大きく開いてしまい、8位に留まった。

 走幅跳決勝では淺野えりな(文4)が5m83で7位入賞、朝妻優萌(商1)が5m67で17位であった。どの選手も天候が悪く記録が伸びない中、両選手ともに苦労しながらも伸び伸びとした跳躍を見せた。

メダルを見つめ嬉しそうに微笑む丹羽

 3000mSCタイムレース決勝では丹羽七海(文1)と大塚菜穂(文3)が共に3組で出場した。丹羽は2位集団にくらいつく。中盤まで7位であったが、2000mあたりから徐々に順位を上げていった。最終順位は見事3位で競技を終えた。大塚は中盤までは丹羽の少し後ろにいたが、順位をキープできず10位で競技を終えた。

 砲丸投決勝には2名が出場した。午前中円盤投決勝に出場した樋川仁子(商3)は10位で晴山江梨花(文1)は27位という結果に終わった。

 800m決勝は午前中の予選で通過した山本瑞(法3)が出場した。序盤から飛び出した平野(筑波大)についていくことができず、集団の中でレースを進める。ラストスパートでうまく切り替えることができず、6位で競技を終えた。

 1日目、2日目はなかなか入賞者が出せずに苦しんだが、最終日の今日は5名が入賞を果たした。次の舞台は9月5日からの全日本インカレだ。

◆大会結果◆
 800m
予選4組①山本 2分11秒36
円盤投決勝
⑪樋川    41m00
⑭柴沼    40m38
走高跳決勝
③菅沼    1m69
400mH決勝
⑧絹川    1分01秒42
走幅跳決勝
⑦淺野    5m83
⑰朝妻    5m67
3000mSCタイムレース決勝
③丹羽    10分25秒70
⑩大塚    10分41秒21
砲丸投決勝
⑩樋川    13m10
27位晴山    11m25


記事・写真:「中大スポーツ」新聞部