女子陸上競技部ニュース

2014年06月21日

女子陸上競技部 日本学生陸上競技個人選手権大会1日目

6月20日 Shonan BMW スタジアム平塚
1年生、市村が1500mで表彰台へ!

100mHで奮闘する川村

 晴天のなか行なわれた1日目。最初に行なわれた競技は100mH予選。川村涼伽(文2)が6組で出場。ややスタートで出遅れたものの、2着で準決勝進出を決めた。
 1500m予選では市村萌捺美(経1)が出場。「動きが良くなかった」(市村)と語ったものの、終盤までトップで走り、最後は4着で決勝に駒を進めた。
 200m予選では5組に藤沼朱音(法1)、9組には新宅麻未(商3)が出場。しかし、藤沼は序盤から大きく上位に引き離され8着。新宅も思うように記録が伸びず4着。両者ともに予選敗退となった。
 投てき競技ではやり投が行なわれ、関カレ3位の高橋唯(文2)が出場。10位となった。

1500mで3位入賞し笑顔を見せる市村

 100mH準決勝では川村が出場。なんとか決勝に駒を進めたかったが、4位で準決勝敗退。
 最後に行なわれた1500m決勝では、この種目前回優勝者である森智香子(大東大)をはじめとした、有力選手が出場。市村は1周目から、先頭集団に食らいつく。一時2位まで順位を上げるものの、最後の直線で中村(都留文科大)に抜かされ3位入賞となった。
 「予選よりも身体が動いた。3位は嬉しいが、あくまで全カレの標準記録を切ることが目標」(市村)。1年生の活躍で、中大は残り2日の大会に向けて良いスタートを切った。
◆大会結果◆
100mH予選
6組②川村 14秒07
1500m予選
2組④市村 4分39秒04
200m予選
5組 ⑧藤沼 26秒84
9組 ④新宅 25秒51
やり投決勝
⑩高橋 48m28
100mH準決勝
1組④川村 13秒91
1500m決勝
③市村 4分29秒92

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部