女子ラクロス部ニュース

2017年09月13日

女子ラクロス部・関東学生ラクロスリーグ戦対日女体大戦

9・10 大井ふ頭中央海浜公園陸上競技場

単独首位でリーグ戦を折り返す!

 

 澄み切った空の下、関東大学ラクロスリーグ戦第3戦が行われた。開始直後2点を先制され暗雲が立ち込めたものの、自分たちのペースを見失わなかった。その後1点の失点も許さず9-2で快勝。「(1部との)入替戦に一歩近づいた」(佐藤桜子・経3)。この勢いでリーグ戦を突き進む。

▲得点を決め、喜ぶ選手たち

 

〈前半〉

 立ち上がりは悪かった。開始1分、5分と次々に得点を決められると、すかさずタイムアウトを要求。「(入りの悪さに)焦った。ここで切り替えようとみんなで話した」(田島さやか主将・商4)。するとゴール裏から正面へ一人回り込んですかさずシュート。まずは一点を返す。審判によるwater break time out後、中大のファウルによってフリーシュートのチャンスを与えてしまったが、ゴーリー新町友佳(法4)の好セーブで危機を脱した。

▲セーブする新町(中央)

 

 追加点を挙げ2-2の同点とするとそこから中大のエンジンは全開に。前半終了約20秒前には本日2得点目となる佐藤桜が得点し5-2に。立ち上がりの悪さがまるで嘘のように前半を折り返した。

 

〈後半〉

 10分の休憩後も攻撃の手は緩めなかった。相手の守りの体制が厳しくなったものの、10分には6点目を決める。15分には敵陣で回されていたボールをカットすると、最後は榊梨花(経3)が横から救い上げるようにシュートした。その後も何度か攻められることがあったが、ゴールまでの道筋を完全にふさいだディフェンスで、追加点は与えなかった。

 

▲ディフェンス陣

 

 試合終了まであと5分。それまでミスの少なかった対戦相手にも疲れが出てきたのか、フリーシュートのチャンスが巡ってきた。これをものにし、また勝負を決定づけるダメ押しの追加点で、9-2と圧勝した。

 

 18日(月)に行われる第4戦対東洋大戦は、試合会場が東洋大学キャンパスと圧倒的相手有利の状態だ。また「(東洋大は)中大が苦手とするオフェンスの仕方を実践してくる」(田島主将)チームであり、苦しい戦いが予想される。だが目標とするのは1部昇格であり、1部で勝っていけるチームだ。そしてそれができるようなチームになるべく、練習を積んでいる。「1週間で改善するところは改善して、準備を整えて挑む」(田島主将)。

 

 次の試合は関東大学ラクロスリーグ戦対東洋大戦です! 9月18日(月)、11:30~、会場は東洋大学朝霞キャンパス(武蔵野線北朝霞駅、東武東上線朝霞台駅から徒歩約10分)にて行われます!!

 

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部