準硬式野球部ニュース

2017年10月04日

準硬式野球部・東都大学準硬式野球秋季リーグ戦 対専大4回戦

10月3日 上柚木公園野球場

 

4戦目にしてついに決着 秋初の勝ち点を落とす 

 

 引き分けからの1勝1敗と、互角の勝負をしてきた専大戦。中大は3回に安藤浩平(文3)の適時打で2点を先制するも、7回に走者一掃の適時二塁打を浴び逆転される。望みをかけた9回裏も安打が出ず、今季初めて勝ち点を落とし優勝まで後が無い状況となった。

 先制したのは中大。リーグ戦初出場となった岩元奎太(文1)が敵失で2塁まで進むと、続く松元孝平(商2)の左前安打、安藤の適時二塁打で2点を挙げた。この時はまだ中大に流れがあった。   

▲出塁し笑顔を見せる岩元

 

 しかし、守備が振るわない。先日の東洋大戦で大活躍した小澤巧平(商2)も、今日は6回途中までを投げ3四球と、3人で抑えられないイニングが続く。そんな流れの中、4回に四球から適時二塁打を浴び1点を返される。6回にも先頭打者にまたしても二塁打を浴び、ここで交代。リリーフの細谷琢真(経3)にマウンドを譲った。  この回を細谷が抑えると打線も呼応し、安藤、長島僚平(商3)の3年生コンビの連続安打などで1点を追加。リードをしっかり守った。

 

  

▲久々の登板となった細谷

 

 このまま相手打線を抑え続けたいところだったが7回、3番の中前安打を皮切りに、1死一、二塁の場面で走者一掃の適時二塁打を許し2点を奪われる。この時点でスコアは3-4。厳しい状況となった。  8、9回を木下愛(商4)がなんとか抑え、希望を捨てず臨んだ9回裏。2死から端岡陸(法2)が四球で出塁。続く2番は全日本初戦で逆転本塁打を放った真谷健吾(商2)。全日本の再現なるかと思われたが、あえなく遊ゴロに倒れ、逆転は叶わなかった。

 

  ▲天を仰ぐ真谷

 

 今日の試合の結果、専大が勝ち点4となり優勝に王手をかけた。だが、希望が無くなったわけではない。残り一戦一戦を全力投球で勝ち進めば、優勝は見えてくる。秋リーグ優勝校に与えられる関東王座の切符をつかみ、4年生の引退を延ばすためにも、負けられない戦いが続く。

 

◆試合結果◆

   123 456 789 計

専大 000 101 200=4

中大 002 001 000=3

 

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部