重量挙部ニュース

2015年12月21日

重量挙部・全日本大学対抗ウエイトリフティング選手権大会1日目(69㌔級)

12月18日 上尾市スポーツ総合センター

 

主将の意地、逆境跳ね除け笠井がⅤ!

 

 大学日本一を決めるインカレが、埼玉県上尾市のスポーツ総合センターで開幕した。大会初日のこの日、56㌔級に権田達也(法4)と砂山昂大(商1)が、69㌔級には笠井武広主将(商4)が出場した。笠井主将は前半のミスをものともしない試技で1位に輝いた。

 

 

▲後がなくなった3本目のスナッチを成功させ味方に謝る笠井主将

 

 序盤の2本を失敗し、後がなくなった3本目のスナッチ。成功を収めた笠井主将は声援を送る仲間に向け、申し訳なさげに思わず両手を合わせた。「点数を2点くらい落としたから」(笠井)。  クリーン&ジャーク(以下ジャーク)の1本目も失敗。アップ中、腰に違和感を感じ「無理かな」と思ったが、そこは王者の貫禄。3本目で自己ベストには遠く及ばない166㌔も、相手選手を上回り堂々の1位に輝き、56㌔級の権田達也(法4)に次ぐ22点をチームにもたらした。

 

 6月の全日本選手権、9月の国体共に同階級を制覇。社会人に交じり日本代表にも選出されるなど今や大学生屈指のリフターだ。しかし国体では肘を故障し、その世界選手権でも「出られるかも危うい状態」を考慮し、無理のない試技を取り結果は33位だった。  今大会も本来の出来ではなく「最低の試合」と厳しめに振り返る。それでも「学生最後の大会で優勝できて良かった」と一安心だ。

 

 

▲ジャークで王者の意地を見せた

 

 主将としての信頼は厚い。笠井主将を良く知る同級生の権田は「笠井は立派なキャプテンだった」と断言する。後輩の面倒見や指導、ウエイトリフティングに対する姿勢は素晴らしかったとのことだ。1年生の砂山昂大(商1)も「良い悪いの判断もしてくれるし、キャプテンを中心に本当に部がまとまっていた」とこの1年を振り返った。

 

 笠井主将はチームとして「優勝の手応えはない」と語りながらも、2日目に出場する選手に「最後まで諦めないでやってほしい」と仲間の奮闘を願った。

 

◆試合結果

69㌔級

①笠井主将(スナッチ130㌔、ジャーク166㌔、トータル296㌔)

 

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部