柔道部ニュース

2014年05月26日

柔道部 東京学生柔道優勝大会

東海大の壁厚く、ベスト8敗退

3回戦、指導4を勝ち取り勝利を決めた石原隆佑(文3)


 中大はシード出場のため、勝てば団体インカレ出場権を得られる2回戦からの出場となった。初戦の相手は今大会に4人制で出場している上智大。3つの不戦勝と4つの一本勝ちで7-0と快勝を決め全国への切符を手に入れた。

 ベスト8進出のかかる3回戦の相手は慶大。先鋒の石塚康太郎(商1)が試合終盤、抑え技で有効を奪われ先取されてしまう。すぐさま次鋒の角田洋介(文3)が内股返で有効を取り追いつくと、五将の板川佳功(経4)が引き分けに抑える。このままリードを渡さず攻勢に転じたかった中大だが、中堅の星野拓真(文3)が試合中盤にとられた技ありで敗戦。再びリードを奪われる。残り2勝しなければ勝ちがない中大は三将の端雄大(法3)と副将の石原隆佑(文3)が指導を4つ取り一本勝ちを収め3-2で辛勝する。

 ベスト8となり迎えた準々決勝。相手は昨年の団体インカレの覇者・東海大。「柔道日本一の大学にどこまで通用するか」(坂本監督)と臨むも、東海大の壁は厚く0-7の大敗を喫した。

 今大会は指導4つで反則負け、場外に出ると指導といった新ルールのもと行われた。 試合後、小路明寛主将(文4)は「新ルールへの対応も含めインカレへ向けて調整していく」と語った。ベスト16に終わった昨年の団体インカレ。一ケ月後に行われる団体インカレで雪辱を果たしたい。

◆試合結果
2回戦
中大7-0上智大●
3回戦
中大3-2慶大●
準々決勝
中大0-7東海大○
次戦は全日本学生柔道優勝大会(6/28、29 日本武道館)です
写真・記事:「中大スポーツ」新聞部