硬式庭球部ニュース

2016年09月07日

硬式庭球部・関東大学テニスリーグ第4戦対法大

9月6日 亜大日の出キャンパステニスコート

手痛い2敗目 王座出場の望みは最終戦へ

 王座出場を懸けて戦うリーグの山場となった対法大戦。ダブルスを0-3で落とすという厳しい展開となり、結果敗退した。戦績はこれで2勝2敗となった。

▲第2ダブルスの古田(奥)・望月組

 中大がリーグを戦う上で鍵となってくるのはダブルスだが、エンジンがかかり切らなかった。第1ダブルスの松浦優太(法4)・大和田秀俊(法3)は勝負をファイナルセットまで持ち越すものの敗退。相手について「ずっと組んでる分、噛み合ってて強くて」と振り返る大和田。ペアとして組んでいる時間の違いが結果に結びついた。好調だった第3ダブルスの宇佐美晧一(経2)・正林知大(商1)も2-6、6(3)-7とストレート負けを喫した。

 第2ダブルスの古田海人(商4)・望月勇希(法1)ペアは敗れたものの、リーグ戦に入って初めて1セットの奪取に成功。「少しずつ慣れてきた」と話す古田。このペアでの初勝利に向けて、最終戦への気合は十分だ。「最後の最後で4年の意地を見せつけて勝ちたい。」(古田)

▲勢いのある相手を封じ込めた大和田

 ダブルス0-3という状況でシングルスを迎えた中大。第2シングルスの正林は第1セットの途中でけがをし、無念の敗退となった。第6シングルスの菱田亘槻(経3)は実力を発揮できず0-6、1-6で敗れる。第5シングルスの田中凛(商2)は5-7、2-6と敗れはしたものの強敵相手に善戦。明治戦に期待が持てる内容となった。

▲ガッツポーズを見せる望月

 シングルス上位陣は安定した結果を残している。第3シングルスの大和田はインカレベスト8の太田と対戦。勢いのある相手を6-4,6-4で下した。第1シングルスの望月は「全然集中できなくて」ファーストセットを落とすも、セカンド、ファイナルを6-0、6-1と取り切って相手を圧倒した。    

 リーグ戦シングルスで全勝しているのは望月、斎藤和哉(法2)だ。「団体戦の方が力が出る。応援してくれるので。」と話す斎藤はこの試合も第4シングルスで登場。6-4、6-2で勝利を収めた。去年の明治戦では1-6、0-6で敗れている斎藤。「今年は勝てるように頑張る」。

 リーグ最終戦は対明大。最終戦の結果によっては王座出場の可能性もあり、入れ替え戦へと回る可能性もある。また正林のけがの状態によってはオーダーの変更も十分考えられる。岐路に立たされた中大。チーム力で試練の克服を目指す。

◆試合結果

●中大 3-6 ◯法大

(ダブルス0-3、シングルス3-3)

ダブルス

NO1:●松浦・大和田 1(1-6、7-6(6)、2-6)2 ◯山田・塚越

NO2:●古田・望月 1(3-6、7-5、4-6)2 ○長田・前崎

NO3:●宇佐美・正林 0(2-6、6(3)-7)2 ●米田・楠原

シングルス

NO1:○望月 2(2-6、6-0、6-1)1 ●塚越

NO2:●正林 5-5RET ◯前崎

NO3:○大和田 2(6-4、6-4)0 ●太田

NO4:○斎藤 2(6-4、6-2)0 ●藪

NO5:●田中 0(5-7、2-6)2 ○村上

NO6:●菱田 0(0-6、1-6)2 ●寒川

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部