硬式庭球部ニュース

2016年08月18日

硬式庭球部・全日本学生テニス選手権大会シングルス準々決勝

8月18日 岐阜メモリアルセンター

望月ベスト4

 昨日、ベスト8に進出した大和田秀俊(法3)と望月勇希(法1)がベスト4を懸けて戦った。大和田は5月の春関を制した上杉(慶大)を前に力及ばなかった。望月は準決勝に駒を進めた。

▲試合後上杉と握手を交わす大和田

 大和田は第4シードの上杉と対戦。「(上杉は)今ずば抜けて強い」(大和田)。昨日より出だしは集中していたと語った大和田だったが、相手の早い展開に押され3-6で第1セットを落とした。続く第2セット、ブレイクポイントをとるも、相手の安定感を崩すことは出来ず2-6で敗れた。

▲フォアハンドを打ち込む望月

 望月は竹元(関大)と対戦。第1セット、互いに譲らないシーソーゲームをみせるもブレイクポイントで5ゲームを先取しそのまま6-4で取った。続く第2セット、2度のブレイクポイントをとるも「全部サービスキープ出来た」と相手には隙を与えないゲームをみせ、6-2でベスト4進出を決めた。

◆試合結果

▼男子シングルス準々決勝

●大和田0-2上杉

(3-6、2-6)

◯望月2-0竹元

(6-4、6-2)

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部