ラクロス部ニュース

2017年11月10日

ラクロス部・関東学生ラクロスリーグ戦ファイナル4対早大戦

11月3日 駒沢オリンピック公園総合運動場 第一競技場

初のファイナル4進出も強豪早大の壁厚く 「日本一」への夢破れる

 

▲円陣を組む選手たち

 

 前回、前々回と勝利を重ね、ついに創部初となるファイナル4進出を果たした中大BANDITS。しかし強豪早大に敗れ、「日本一」への道はここで絶たれた。

 

▲第1Qで先制点を挙げた藤原(左)

 

 第1Q、序盤から攻められる中で、ゴール前のもつれからこぼれ球を35番藤原航介(法4)が押し込み、先制点をあげた。幸先の良いスタートに思われたが、直後から連続して失点を重ねる。早大に流れをつかまれたまま、1-3で第2Qへ。さらに2点追加された中大は、点差を縮めようと75番新子崚(経4)がショットを決めた。その後は9番横溝渓太郎主将(法4)を中心に果敢に攻めるも得点にはつながらず、早大に点を取り返され、2-6で前半を終える。

 

▲得点を決め吠える横溝主将

 

 第3Qでは、ゴーリーの49番安江将史(法4)が好セーブを連発。それに応えるかのように主将の横溝が得点を決めた。しかし早大の攻撃は続き、さらに2失点。点差は5に広がった。第4Q、最後の攻撃に出た中大は、77番の白木俊輔(商3)が2得点して粘りを見せる。しかし、点差を縮めようとするオフェンス陣の奮闘も空しく、試合時間残りわずかなところで追加点を決められて5-9で試合終了。「日本一」という目標は成し遂げることができなかった。

 

▲試合後観客へあいさつをする選手たち

 

 試合後、選手たちは客席へのあいさつで涙を流した。「悔いの残る試合」(安江)、「勝たなきゃいけなかった試合」(横溝)という言葉からも、中大が今試合にかけた思いの強さがうかがえる。今回の敗因について、「ディフェンス時間が長くなり、オフェンスの機会が減ってしまった」という諸星HC。しかし、このファイナル4進出の経験が「来年以降も生きてくる」とも語った。彼らはこのリーグ戦を通して大きく成長した。BANDITSが「日本一」を手にする日は着実に近づいている。

 

◆試合結果

●中大 5ー9 早大○

 

記事・写真:「中大スポーツ」新聞部