剣道部ニュース

2017年07月25日

剣道部・全日本女子学生剣道選手権大会

7月22日 エディオンアリーナ大阪

中野が4強進出! 1年生二人が全国の舞台で躍動

 

 学生日本一の剣士を決めるこの大会。中大からは中野佳央里(商1)、浅野茉莉亜(商1)の2名が出場した。

 

▲相手と対峙する浅野

 

 浅野は2回戦での敗退となった。「自分の中であまり良くなかった」と今日の試合を振り返る。2回戦では反則をしてしまうと、そこから「自分の試合が出来なくなってしまった」。延長戦でメンを決められての敗退。高校と大学とのルールの違いにも適応しきれず、「後悔が残る試合」となった。

 

▲メンを打った後、残心をとる中野

 

 中野は1年生ながら堂々のベスト4。「チャレンジャーのつもりで」臨んだという今日の試合では延長戦にもつれる展開が続いた。そんな中でも自身の持ち味である「(相手に)打たせない」剣道を貫き通す。果敢に攻め続け、相手に攻撃のチャンスを与えなかった。

 迎えた準決勝の相手は大西(筑波大)。自身について「体力はある方」と話す中野だったが、延長戦を重ね「きつかった」と振り返る。互いに攻め合う展開の中、一瞬の隙を突かれた中野。メンを取られると、続いて2本目のメンを取られ準決勝での敗退となった。

 「雑になってしまうところがある」と課題を口にする中野。団体戦での全日本出場に向け、課題を克服していく。

 今年度から剣道部は女子を強化する方針だ。「女子を強くしたい」(中野)、「(強化していく)チームの一員になりたい」(浅野)と二人は高い志を持って中大剣道部の門を叩いた。目指すはインカレ団体戦への出場だ。剣道部女子を引っ張るルーキー二人の活躍に今後も目が離せない。

 

◆大会結果

ベスト4=中野

2回戦敗退=浅野

◆詳細結果

▼準決勝

●中野ーメメ大西(筑波大)○

▼準々決勝

○中野メー土居(筑波大)●

▼4回戦

○中野ドー佐藤(法大)●

▼3回戦

○中野メー橋本(中京大)●

▼2回戦

○中野メー岩倉(新潟大)●

●浅野ーメ畝本(中京大)○

▼1回戦

○中野メー福屋(福岡教大)●

○浅野メー中村(福岡大)●

 

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部