応援部(チアリーディング)ニュース

2017年03月21日

連載第61回・チアリーディング部

連載第61回はチアリーディング部です!

シーズン中は野球、ラグビー、アメフトを始め様々な部会の応援に大忙しのチアリーディング部。 今回は、平峯あかりさん(総1)と、為藤優さん(経2)のお二人にお話を伺いました。

ーーチアリーデイングを始めたきっかけを教えてください

平峯「私は大学からチアをはじめました。中高とダンス部に入っていて、元々興味があったチア部に仮入部へ行ってみたのがきっかけです。」

為藤「私は高校から始めました。高校時代に、全国大会に出れる部活に入りたいと思いチア部に入部しました。大学で続けるつもりは無かったんですけど、新歓で先輩達の演技を観たら入りたくなってしまって、気付いたら入部してました(笑い)」

ーー楽しさややりがいは?

平峯「何か一つの技が決まった時が一番嬉しいですね。練習中にできなかった技が、本番でできるようになると、『あー、チアってやっぱりと楽しいな』と思います。」

為藤「私が楽しいと思うのは応援団の時ですね。お客さんに向けた笑顔が返ってきたり、伝えたいものが伝わると楽しいです。あと、コール(お客さんと一緒にやる掛け合い)したときに一体感を感じますね。競技の面だと、新しい技に挑戦して、それができるようになったときに達成感を感じます。」

ーー演武のレパートリーは

平峯「野球なら回ごとに曲が違いますし、ヒットが出た時用の曲もあります。OBの方から受け継いできた応援歌から始まるメドレーを基本的にやっていますね。試合展開を見ながら選曲をするので、曲を支持する人のハンドサインも覚えないといけないのが大変です」

為藤「最近は1、2曲レパートリーが増えました。何年か前から新曲を増やしたいという意見があって、それがやっと実現したという感じです。 また、応援は競技と違ってお客さんが魅せる、見てて安心するようなものなので、高度な技に挑戦するとかではなく、安定した演技を見せられるような振り付けにしています。」

ーー練習方法は

為藤「指導はOBの方にお願いしています。OBの方がお仕事で都合の合わない時は自分たちで練習しています。人を支えるので筋トレや体幹もやます。例えば腹筋50×2、クランチ50回、背筋40回、ブリッヂでキープを1分、倒立1分、腕立て20回、あとたまにスクワット…あとは縄跳びやジャンプをしてから、普段の練習に入ります。」

ーー休日の過ごし方は?

平峯「普段は練習でヘトヘトなので、家で休んでます。春休みとかだと、時間があれば出かけたりしますね。甘いものを食べる時が至福の時間です(笑)」

為藤「私も同じですね。休みの日に動くと疲れちゃうので…。あとは、平日は時間がなくてできないので、午後にバイトしたりしてます。」

笑顔がとても素敵なお二人でした。ありがとうございました。これからも応援で中大を盛り上げてください!

また、中スポでは、紹介してほしい部会を募集しています。随時取材に伺いますので、「中大スポーツ」新聞部までご連絡ください。

連絡先:chu-spo@hotmail.co.jp

写真・記事:「中大スポーツ」新聞部